TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 遅ればせながら初詣

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201811  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

遅ればせながら初詣

2011.01.09 21:15  投稿者:ぶどうおばさん

ここ何年か初詣は川崎大師に行っていましたが今年は浅草寺に行きました。
元旦が過ぎてしばらく経っているにもかかわらず、浅草の浅草寺を詣でる人の数は
おそらく初詣の参拝客も含み押すな押すなの人の波でした。



本堂の手前で警備員が規制線を張り小分けして参拝客を誘導します。あまりの混雑
で人の頭越しに投げるお賽銭が三メートル四方の賽銭箱に届かず箱の周りに敷いて
ある布に落ちたりもします。参拝客は混雑の中誰もが真剣に祈っておられます。

仲見世通りも同じくたいへんな混みようです。
台東区は、外国人観光客が多い場所で言葉が通じない不便さを解消しようと英語•
中国語•韓国語に対応出来るボランティアをつのり店が決められた番号に電話する
とボランティアが通訳してくれるというサービスを浅草仲見世商店街を中心とした
100店を対象に3月から運用する予定だ、と2日程前のニュースで聞きました。
仲見世を歩いていて感じることは、中国語が韓国語や英語よりも頻繁に聞こえると
いう点です。英語がわかる日本人は多くても中国語がわかる人はまだ多くない現状
のように思います。言葉の不都合さが解決されて歩き易い街だという印象を外国人
観光客に持たれるならそれは望ましい素敵な事だと思います。



   (1枚目の写真 浅草寺本堂と参拝客)
   (2枚目の写真 仲見世通りの店)
   (3枚目の写真 仲見世通りの看板
             トイレの表示が7カ国語で書かれています)
               2011年1月9日撮影


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top