TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 甲州財閥展

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201804  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

甲州財閥展

2010.11.01 21:09  投稿者:ぶどうおばさん

山梨中銀金融資料館(甲府市中央)で「甲州財閥展」が開かれていると新聞に出て
いたので訪れてみました。中銀の資料館が市内にあるという事は聞いていたのです
が一般に公開されているとは知らなかったので訪れるのは今回が初めてです。



貨幣の歴史がわかるコーナー、中銀の歴史がわかるコーナー、武田氏の甲州金の
コーナー、近代の紙幣のコーナーなどの常設の展示に加え、現在は11月28日
までテーマ展示コーナーで「甲州財閥展」が開かれています。



山梨県出身で財をなし大富豪になった根津嘉一郎•若尾逸平•早川徳次•小林一三氏。
彼らは『甲州財閥』と呼ばれ、その才覚と財力で近代日本の経済◦金融◦文化を牽引
して来ました。
  根津嘉一郎......東武鉄道、南海鉄道を経営し「鉄道王」と呼ばれた
  若尾逸平.........生糸や水晶の貿易で蓄財した
  早川徳次.........日本で初めて地下鉄を走らせた
  小林一三.........宝塚歌劇を創設した
他にも複数人の甲州財閥がいて明治〜昭和にかけて革新的なアイディアや巨万の富
をもとに金融界や経済界に名を轟かせました。彼らの活躍や偉業について資料を見
ながら係員の方の分かり易い説明を聞いていると知ることが楽しくなってきます。
根津氏が山梨県内の小中学校に寄贈したオルガンや愛用したシルクハットも見られ
ます。


貨幣史コーナーにある貨幣のコレクションは素晴らしく、紀元前〜7世紀の石貨(石
)•貝幣(貝殻)•布幣◦刀幣(銅)、奈良◦平安時代の和同開珎(銀銭と銅銭)、鎌倉
◦室町時代の渡来銭(宋銭や明銭)、戦国◦江戸時代の大判小判(金)や一分金◦一朱金
などが年代順に展示されています。武田氏が甲州金山から採掘した金で造らせた甲州
金(金貨)もまばゆく輝き並んでいます。
これ程多種の金銀銅の貨幣の実物を一堂に集めて系統的に分類し展示している場所が
山梨にあることに驚きました。



紙幣のコーナーでは、明治初期に国が認めた民間銀行で発行された紙幣がありその中
に中銀の前身だった銀行のスタンプが押してある紙幣もあります。日本銀行が統一し
て発行するようになってからの紙幣も古いものから現在に至るまで展示されています。
五百円札や百円札もあって私はリアルタイムで見ていたはずなのですがこれらのお札
はほとんど記憶に残っていない事に気付きました。
日本で最も古いと言われる貯金通帳の実物があり「興産金預帳」と筆で手書きされて
います。


歴史的に価値のある貴重な資料の数々を目にし歴史を学べる内容の濃い資料館だと思
いました。


   (1枚目の写真 パンフレットからの施設内部写真とクイズ形式の
          「甲州財閥検定〜意外と知らない山梨の偉人」用紙)
   (2枚目の写真 金融資料館のある建物)
   (3枚目の写真 パンフレット)
                    2010年11月1日撮影 
            


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top