TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 二胡の調べと月

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201807  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

二胡の調べと月

2010.10.23 21:07  投稿者:ぶどうおばさん

今日10月23日午後6〜8時「満月と遊ぶ音楽の夕べ〜二胡と西洋楽器の調べ」
が甲府駅北口の山手御門広場で開かれました。


甲府駅北口まちづくり推進委員会の主催で
  一部は 二胡とピアノ
  二部は ビオラとピアノ  の演奏です。


一部の出演は二胡奏者の沈桂栄さん、ピアニストの小野恵子さんです。
月にちなんだ中国の曲を数曲と「荒城の月」など日本の曲が情感豊かに演奏され
折りしも満月に近い円い月が東の空に昇ってきて、居合わせた人々は名月を観な
がら音楽を楽しむという贅沢な時を共有しました。

二胡を生で聴くのは初めてでしたが想像していたか細い音色ではなくむしろ太く
よく響く音色で馬頭琴の音色(2年程前に東京エレクトロン韮崎文化ホールで聴
いたセーン•ジャー氏の馬頭琴の演奏)と共通する部分があるような印象を持ち
ました。中国の二胡はシルクロードを経由して西方より伝来したという話なので
モンゴルの馬頭琴と類似する部分もあるのかも知れないなどと想いをはせました。



二部の出演はビオラ奏者の藤原義章さん、ピアニストは同じ方です。
秋の澄んだ夜空、背景には門の石垣がライトアップされ幻想的に浮かび上がり
2つの楽器の音色は高く低く響いて調和します。
全くぜいたくな時間を過ごさせて頂きました。

   (1枚目の写真 舞台全景)
   (2枚目の写真 二胡奏者沈桂栄さん)
   (3枚目の写真 山手御門への入口)
                 2010年10月23日撮影


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top