TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 藤村記念館

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201804  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

藤村記念館

2010.10.06 20:41  投稿者:ぶどうおばさん

武田神社境内にあった「藤村記念館」が甲府駅北口に移築され今月(10月1日)から
開館しています。


この建物は明治8年に甲斐市に睦沢学校の校舎として建てられ、昭和32年まで学校の
校舎として使われ、後4年間は公民館として活用されましたが老朽化し武田神社境内に
昭和41年に移築復原され、その際甲府市に寄贈されました。
昭和42年に国指定の重要文化財になり昭和44年から郷土資料館「藤村記念館」とし
て開館、平成2年から教育資料館となっていました。

山梨県令(知事)だった藤村紫朗(ふじむらしろう)が積極的に奨励したとされる擬洋
風建築(西洋建築に似せて造る建築)の建物は、藤村紫朗の名にちなみ県内では藤村式
建築と呼ばれ、明治前期甲府では官公庁や学校◦病院等数多く藤村式建築で建てられて
いたそうです。



以前武田神社境内で「藤村記念館」を見た時は柱や扉やベランダが薄水色だった記憶が
ありますが 今回移築する際の解体調査でそれらが黒色である事が分かったそうで現在
の藤村記念館は写真のように造られています。

1階には武田氏館跡のミニ立体模型や市内の寺の写真パネル、テーブル◦椅子などがあり
ます。

2階は10月1日〜10月31日まで特別企画展として藤村紫朗の書•写真が展示されて
います。昭和の時代の教室の様子が再現され、1人掛けの机には明治◦大正◦昭和時代の
教科書が乗っています。



「藤村記念館」は武田神社や甲府城跡や昇仙峡などの甲府駅北口を起点とする観光地の
資料も置かれ観光客のための交流ガイダンス施設としての面も合わせ持つようです。
    
    甲府駅北口 徒歩1分 
    開館時間  午前9時〜午後4時
    休館日   月•木曜日、 年末年始
        入館無料

       (1枚目の写真 藤村記念館外観)
       (2枚目の写真 1階内部)
       (3枚目の写真 2階 特別企画展中)
                  2010年10月6日撮影


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top