TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 昭和の古道•山梨市

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201705  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

昭和の古道•山梨市

2010.05.03 21:44  投稿者:ぶどうおばさん

山梨市の下神内川地区に昭和初期の風景を復活させた「かのがわ古道」が造られた
と4月の新聞で読みました。興味が湧き訪れてみました。



場所は山梨市駅を南へ徒歩8分程の所〜約800メートルの区間の生活道路です。

「かのがわ古道」には、ところどころに道祖神や石仏が祀られ由来を説明する看板
が設置されているので、読みながら楽しく歩けます。
昭和の時代よく見られた川の水を敷地内に引いて食器を洗う”川ばた”を新たに造り
ブロック塀は杉の木で覆い板塀にしたとのことで駅側から行った道の終りには水車
や休憩所のある「かのがわ広場」(ここが起点とのことですが)があります。


道の舗装は薄茶色で細かい凹凸があり雨でもすべらないようになっています。
山梨市駅すぐ近くにある「街の駅やまなし」で無料で貸し出しているレンタサイクル
に乗るならこの「かのがわ古道」は心地よく訪れられる身近なコースになりそうです。


この古道の整備はまちづくり交付金を活用して山梨市と地元住民が実施したそうです。
歩いていると「山梨市に生まれてよかったと言えるような街にしよう」(正確な文面は
記録して来ませんでしたが)といった内容の看板を桃畑や菜の花の中に見かけます。
ここに住む人々の地元に対する愛情や熱意が伝わってきます。
訪れる人の心を動かすのは、美しい景観や建造物でもある一方で地元住民の郷土愛や
影の努力といったものもあります。ここでは日常生活の中で人々が地元を愛している
様子が感じられ、ほのぼのとした気持ちになります。



どこかを訪れる時、見たい場所がこっちとあっちという具合で点状に散在していると、
訪れにくいものです。その点道路自体を興味深く進めるのなら線状に継続して楽しめる
ので、それもこの古道の魅力だと思いました。


   (1枚目の写真 かのがわ古道 かっては鍋や釜や食器を洗った川ばた)
   (2枚目の写真 かのがわ古道 中組道祖神場)
   (3枚目の写真 かのがわ古道 遠景)

         2010年5月3日撮影


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

昭和の古道•山梨市続篇
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記

コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

かのがわ甚句 春の陣たくさんのご参加ありがとうございました。秋の陣は10月13日日曜日午後から八幡大神社祭典にて行います。ご参加ください。待ってますよ!本日!春の陣にて桃の抽選で当選した50名にかのがわの桃農家のご厚意により発送しました。堪能して下さい。
投稿者:藤巻眞史: at 2013/07/17 18:13
今までかのがわ古道を紹介していただいていたこことに気付きませんでした。ありがとうございます。調査の際に江戸時代より今なお伝わる八幡神社の奉納角力(相撲)に奉納甚句があったことが分かりました。復活させようと練習を重ねています。国文祭事業に採択されました。春の陣を4月14日(日)午後1時より披露します。場所は、かのがわ水車広場です。桃と菜の花も競演してくれるでしょう。お出かけください。
投稿者:藤巻眞史: at 2013/02/23 03:02

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top