TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 八田家書院

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201801  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

八田家書院

2010.01.30 21:05  投稿者:ぶどうおばさん

笛吹市石和町にある八田家書院は、武田家の家臣だった八田氏が後に徳川家康から庇護
を受けて1601年に造った建物だといわれています。
この書院は「簡素な造りだが高雅な趣味をさりげなく取り入れ独特の統一された空間を
作っている」(院内の説明書より)とのことです。


身分の高い人を通したという奥の間には北西に張り出している床の間がありその西脇
には付け書院があります。背面の障子と木の雨戸を開けると陽射しが明るく注ぎ文机
に変貌するというもので、不要な設備を省き簡素化するという究極のシンプルさが粋
で洗練された文化を感じさせます。
江戸時代初期の在地の書院としては全国的にも例が少なく貴重だとのことです。


八田家書院は御朱印公園の広い敷地の中にあり、門や書院や庭園などを総称して八田家
御朱印屋敷と呼ぶそうです。
書院では毎年春に「ひな飾り」が公開され江戸時代から昭和にかけてのお雛様が見られ
るそうです。  (今日はまだ展示されていません)

    (1枚目の写真 八田家書院
              山梨県指定文化財)
    (2枚目の写真 八田家書院内部
              飾られている書は江戸時代後期のものとのことです。
              閑是宝と書かれています)
    (3枚目の写真 八田家書院玄関)
                 2010年1月30日撮影
              


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top