TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 国宝 清白寺仏殿

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201806  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

国宝 清白寺仏殿

2010.01.24 16:35  投稿者:ぶどうおばさん

山梨県内にある国宝の建造物は2つだけだそうです。
1つは甲州市勝沼町にある大善寺本堂、そしてもう1つは山梨市三カ所にある清白寺
の仏殿とのことです。
訪れてみました。


清白寺は、足利尊氏が1333年に創立したと伝えられる臨済宗の寺です。
梅の木が両側に並ぶ百メートル程の参道を行き門をくぐり、さらに鐘楼を抜けると
仏殿に至ります。
国宝の仏殿は1415年の建立で禅宗建築の古い様式を持つ代表的遺構で「方三間
裳階付仏殿」の典型例とのことです。鎌倉•室町時代は貴族や武士の信仰を得て各地
に禅宗寺院が創立されたようですが、現存する遺構のうち室町時代まで遡るものは少
なく禅宗仏殿の古い様式を伝える例として価値の高いものだそうです。
建てられてから六百年程のあいだ風雨にさらされて来た結果の落ち着いた外観なので
しょうか、芯のある穏やかな焦茶色とでも言えるような色合いで観る者を惹き付ける
美しさを持っていました。


仏殿の裏には本堂が、そして本堂右手には庫裏があります。
本堂も庫裏も17世紀に再建されたり建立されました。三百年程の時が経ています。
清白寺には木造夢窓国師坐像(市の有形文化財)があり、お寺の都合がつく時には
予約制で一般の人に公開しているそうです。今日私は予約無しで訪れたので拝見し
ませんでした。


清白寺は東山梨市の駅から徒歩10分程の場所に、周りが桃畑という中に在ります。
庫裏では法事が行われている様子で、地元に密着したお寺さんという感じでした。
勝沼の大善寺本堂が国宝という事は知っていたし訪れもしましたが、この清白寺に
関しては知らなかったので思いがけない発見でした。
近年建て替えたり設備を刷新した寺社には無い、時の重みを感じます。


    (写真は全て 国宝である清白寺仏殿)
              2010年1月24日撮影


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

清白寺•続篇
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top