TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 県民文化祭

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201807  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

県民文化祭

2009.10.22 20:20  投稿者:ぶどうおばさん

秋になって文化関連の行事があちこちで開かれています。


第9回やまなし県民文化祭の出品作品が県立美術館県民ギャラリーで現在展示
されています。
   10/15(木)〜10/20(火) 美術展
   10/22(木)〜10/27(火) 書道展
   10/28(水)〜11/3(火)  写真展    と続きます。


今日からは書道部門が展示されています。


天井に届く縦長の額や掛軸が林立し、会場は種々の字で埋め尽くされている感じ
です。肉太の字やかすれた字、淡くにじんだ字等を拝見すると、書というものも
個性のぶつかり合いだという印象を受けます。
作品数の多さから書道人口の広がりが伝わってきます。


ひと昔前は、そろばん•習字は子供達の定番のお稽古事だったのですが近年減る
傾向にありました。最近は、そろばん塾でフラッシュ暗算(パソコンの画面に
次々に現れる2桁や3桁の数を足したりする珠算式暗算)が注目を浴びたり、
書道家の武田双雲氏の「言霊を筆や墨で表現する」自由で力強い文字やパフォー
マンス書道が多くの支持や人気を博したりで、そろばんや書道に親しむ人口が
増えている様子です。


書道は日本の古来からの文化なので、人々の生活に浸透し脈々と次の世代に受け
継がれていって欲しいと願っています。


   (1、2枚目の写真  県立美術館•県民ギャラリー会場)
   (3枚目の写真  県立文学館北側の庭の紅葉は色づき始めた段階)
                   2009年10月22日撮影


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

美術館の舞踊パフォーマンス
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
山梨造形美術展
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
ミレー館
From:大熊猫 印 「 パ ン ダ ツ ア ー 」 やまなし版
山梨造形美術展
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
美術館は寒さ知らず
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top