TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 水と緑の講演

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201704  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

水と緑の講演

2009.09.12 21:05  投稿者:ぶどうおばさん

「山梨発 水と緑を考える大学•地域•産業連携国際シンポジウム」が今日(12日)
県立大学池田キャンパスで開催されたので、基調講演を聞きに行きました。


「山梨の自然の魅力」 エッセイストの青木氏
「水と環境に恵まれた風土」 山梨大学の砂田教授  の講演があり、
山梨は水•太陽•自然•やすらぎなどの言葉を連想させ良質の水と緑に恵まれた県であ
る、と話されました。

砂田教授は、
  気候変動は水に最も表れる。甲斐の国は信玄堤や万力林などの治水を行って来て
  おり山梨県は国交省と技術交流をして来た。山梨大学は、水に起因する災害◦健康
  被害をグローバルに調査し対策に取り組んでいる
と、多くのスライドで説明してくださいました。



その後「持続可能性と地域戦略」や「環境ビジネスと山梨の水•緑」といったテーマで
3人の方が話されました。
その1人、サントリー天然水<南アルプス>を発売しているサントリーの会社のかたは
  落ち葉や草の根などの有機物に小動物や微生物が加わると土壌がフカフカに(団粒
  構造に)なり雨水が浄化され地下水はさらに濾過され清冽なミネラルウォーターに
  なる。従って土づくり◦森づくりは良い水を得るために必要なので、森づくり(間伐
  をする、シカの食害を防ぐ、竹林を減らし雑木林を増やす、松やナラの害虫駆除
  等)に取り組んでいる。
と白州を始めとする全国の工場付近での「天然水の森」涵養活動を話されました。良い
水のためには森が大事で、
  天然水のための森づくりはボランティアなどではなく、水を使う企業の持続可能性
  を支えるための基幹事業である。
と述べられた言葉が印象的でした。


アミタ(株)の熊野氏は、
  人々が「衣•食•住足りて、礼節を忘れ不幸になった」という言葉を引用され、どう
  いう状態が豊かと言えるのか?「少量消費の最大幸福の道を目指して!」もったい
  ないの気持ちを大切にすることが大事だ。
という内容の話をされ、こちらの話からも感銘をうけました。



水道水が普通においしく飲めるのが当たり前の山梨で、水を清涼に守り水からの災害を
防ぐよう対策をとり、森にある水が汲み上げ消費する天然水より多い状態でいるよう保
つ、という努力を多方面の方々が様々な方法でやっておられるという事を、スライドを
通して具体的に初めて知りました。



山梨県では、昇仙峡や忍野八海などが名水百選に選ばれていますが、
  「それらは良質の水ということだけではなく、その水をどうやって人々が守って
   いるのかという事も選出理由の1つだと聞いている」
  「昇仙峡の上流に住む人々は長い間トイレは汲み取り式を使い、浄化槽からの水
   が川に流れ水を少しでも汚染することのないよう生活して来られた」
と挨拶に立たれた宮島甲府市長が言われた言葉も印象的で、人々の努力の結果である
甲斐国の清涼で豊かな水と緑は山梨が誇れるもののひとつであると再認識しました。


      (1枚目の写真 講演会場)
      (2枚目の写真 講演でのスライド
               自然に守られ 自然に教わり 自然に生かされる甲斐
               と書いてあります)
      (3枚目の写真 会場入口のパネル)


コメント(4) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

fujikawayumeさん コメント有難う御座います。
そうですか、山梨県のこと色々積極的にやっておられるのですね。
守ろうと努力する人々が居てこそ山梨の自然も「持続性」を得て輝くのでしょうね。ひとり1人の意識と実践が大事なのだと痛感します。
投稿者:ぶどうおばさん: at 2009/09/15 19:35
はじめまして
当日第3分科会でお話させていただきました。
私もいろいろなお話を聞かせていただき
他の分科会も見てみたかったです汗
今後、水と緑の物語ある活性化がなされることを
期待しています。
(私もがんばらなくちゃ!)
投稿者:fujikawayume: at 2009/09/15 12:33
お犬さん、コメント有難う御座います。
日本の他の地と比べてもおいしい水とお聞きし甲斐に住んで恵まれていると感じます。山梨の自然は尊い資源でもありますし、大切に守って行く事が大事と思います。お互いに 加油!
投稿者:ぶどうおばさん: at 2009/09/14 21:20
有意義の講義をご参加なさいましたね。
羨ましいかぎりです。
仕事で日本半分を毎週のように走り回りますが、
いろいろな水を飲みますが山梨の水よりおいしいところがありません。
中国語で表現しますと山梨は名実ども「好山好水好天下」也。
皆さんの力で山梨の資源をもっともっと大事に保全しましょう!
投稿者:お犬: at 2009/09/14 20:57

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top