TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 観光の情報発信

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201810  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

観光の情報発信

2009.08.21 12:49  投稿者:ぶどうおばさん

県民情報プラザが7月末に閉館され「甲斐の国 風林火山博」や「風林火山なるほど時
代館」のような、”これが山梨、甲斐の国です”を見せるイベントが開催される場所は
甲府駅周辺には無くなりました。県内各地に点在している観光施設が個々にイベントを
開催する、という状況になっています。
県民情報プラザ1階にあった「社団法人 やまなし観光推進機構」は県庁西別館に移転
しました。インターネット上の「富士の国やまなし観光ネット」を管理運営しておられ
るのは、やまなし観光推進機構なので、山梨の観光に関する情報発信の拠点は現在ここ
に在ると言えるようです。

ネット上で情報を発信したり、パンフレットをフロアーに並べたりするためのスペース
は、それ程広くなくても稼働可能だろうと思います。
一方で、イベント的な展示などを開催する場所は、ある程度の規模が必要になります。




甲府駅の北口は、現在整備事業の真っ最中です。
そこには、北口駅前広場•NHK甲府放送局•甲府地方合同庁舎•藤村記念館•県立図書館•
情報発信拠点等が建設されると当初発表されました。
県立図書館の中には多目的ホール◦カフェテリアが造られる予定でしたが図書館が単独
で造られることになり多目的ホールは造られない模様です。情報発信拠点の建設につい
ては世界不況のため2009年2月に凍結されたままです。


計画では、
【北口駅前広場(新ロータリー)】は、ペデストリアンデッキで武田通りとつながれ
駅や各建物を自由に行き来できるようになるとのことです。
この広場の東隣りには【よっちゃばれお祭り広場】が造られ、その一画には【甲府市
藤村記念館】が移設されるそうです。すでに完成している甲府城山手御門の在る甲府
市歴史公園のさらに東には【甲州夢小路】が造られるそうで、「甲州夢小路 平成24
年完成予定」の看板が駅からも見られます。


【甲州夢小路】は、大正時代の街並を再現する観光施設で、地場産業の物品を販売
する店•飲食店•ジュエリー博物館が並ぶ予定とのことです。
山梨の特産品である水晶や宝飾加工技術に関して原石や工程なども目にすることが
出来るかも知れません。



「山梨」という言葉からイメージするものは何?
何を指して「これぞ山梨」と人は思うでしょう?
ぶどう◦もも◦ワイン◦ほうとう等の食べ物以外では武田信玄や宝飾産業などでしょ
うか。そして富士山や温泉も。
富士山と温泉、ワイン工場は、甲府駅でというわけにはいかないでしょうけれど、
それ以外のものは甲府駅周辺に集結するのではないかと期待しています。

山手御門、藤村記念館、甲州夢小路、甲府城趾等の施設が、山梨の今と過去をつなぎ
歴史を思い起こさせる常設のイベント会場となるのではないかと想像します。



どの地域にも歴史が有り人々の暮らしが息づいて来た、そういう時の流れを具体的な
形で示されると親しみがわきます。デパートの土産物売り場も良いですが、山梨の昔
も知ってもらえるという点で甲府駅のこの一画は《もの》での情報発信の拠点となる
のではないかと、この2〜3年が楽しみで目が離せません。


   (1枚目の写真 やまなし旅センターのパンフレット
            インバウンド講座卒業生の主催するツアーも入っています)
   (2枚目の写真 やまなし観光推進機構の移転先におかれているパンフレット)
   (3枚目の写真 甲府駅北口の整備事業予定図
            甲府市のHPからお借りしました)
   
             


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top