TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 太宰治とカチカチ山

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201810  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

太宰治とカチカチ山

2009.07.02 21:49  投稿者:ぶどうおばさん

太宰治生誕百年の今年「人間失格」を始めとする彼の著書が今また若い人々に読まれ
ブームになっているそうです。
桜桃忌(おうとうき)には太宰ゆかりの地で様々な行事が催され、長年の熱心な読者
も多く参加したとニュースで伝えていました。


太宰治は1938年に山梨県御坂峠にある天下茶屋に滞在していたそうで、のち甲府市
御崎町(現 朝日)に住んでいた事もあるとのことで、山梨県とはゆかりの深い作家で
す。


天下茶屋滞在時に書いた「富嶽百景」の中の一節
        『富士には月見草がよく似合う』
はあまりにも有名で、その文が刻まれた碑が旧御坂トンネル南入口の天下茶屋付近の
高台に建立されています。



また、太宰治は日本の民話を現代風にアレンジした「カチカチ山」を書きましたが、
その舞台は河口湖畔の天上山だそうです。
民話のカチカチ山は、優しい老婆を殺したタヌキをウサギが成敗する話ですが、太宰治
の「カチカチ山」はウサギとタヌキを人間に見立てて男女の宿命を描いているそうです。


河口湖畔の天上山にあるカチカチ山ロープウェイは太宰治の「カチカチ山」にちなんで
名付けられたそうで、頂上まで上ると富士見台駅から広く周囲が見渡せます。
2機のゴンドラの上には、可愛いキャラクターのうさぎとたぬき(の置き物)が乗って
いましたが、展望台にも同様のうさぎとたぬきがいます。
太宰治の「カチカチ山」を解説した表示板もあります。


目の前には富士山、遠くに南アルプスなど大パノラマが楽しめる場所だそうですが、
この日は曇りがちの天気で富士山は半分ほどがうっすら見えただけでした。

快晴ならさぞや雄大な富士山を見られることでしょう。


   (1枚目の写真 カチカチ山ロープウェイ
             眼下に見えるのは河口湖)
   (2枚目の写真 天上山の展望台
             富士山は輪郭がかろうじて見え)
   (3枚目の写真 太宰治の「カチカチ山」を解説した表示板
             展望台にて)

                平成21年6月27日撮影


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top