TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 信玄公祭り•続篇

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201801  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

信玄公祭り•続篇

2009.04.12 19:44  投稿者:ぶどうおばさん

毎年、武田信玄公の命日である4月12日に合わせて行われる信玄公祭り。
戦国時代の名将武田信玄公を偲び甲州軍団出陣他様々なイベントが繰り広げられます。


武田信玄は甲斐国をまとめ、信州•駿河にも領地を広げ、信玄堤を始めとする治水事業
等、領民のための治政をし人々の厚い支持を得た戦国武将です。
その信玄公を偲ぶ祭り、今年は今までと少し異なる点が見られます。
  ▶ポスターにジョルジュ•ルオーの武者絵が用いられ英語版が作られた
  ▶出陣式の場を舞鶴城公園から甲府駅南口前に移し、観光客にも場所が分かり易く
   なった
  ▶本陣(信玄公本陣)は総勢55人で、そのうち36人は公募した県内外の一般
   参加者が務めた
   新企画として提灯行列が行われ提灯を購入した人誰でも参加出来、平和通り→
   中央公園まで行列した

など、見に来てくれる人に分かり易くする、参加型にして体験して楽しんでもらえるよ
うにする、という姿勢が伺えます。
より多くの県外からの観光客も視野に入れて”観光の目玉イベント”として積極的に
売っていこうとする意気込みが伝わって来ます。
そういう点で、今年の信玄公祭りは、これまでとはひと味違って《攻め》の体制の祭り
であるように見えます。


昨日の甲州軍団出陣の集客数は9万2千人(県観光部)だそうで、晴天も幸いして前年
より1万人増だそうです。

信玄公祭りを見に来ている外国人のかたは、少し見かけました。日本人と見分けがつき
にくいアジア系以外で、欧米系インド中近東の方々を少しだけ見ました。
まだまだ知名度がないのだろうか?と思います。
千五百人のよろい武者•三十五頭の騎馬隊。この規模の行事は決して小さくはないと思う
のですが、知られうるルートがないのか.........。



     今年二十四将のひとつの隊を編成したHISは、
   出陣にツアー客を参加するようにした、来年以降は海外拠点を通じて外国人観光
   客向けに信玄公祭り参加ツアーを売り出すことを検討している、
と、新聞で読みました。

外国人観光客が増加すれば、祭りの実行方法も、英文標識を増やしたり英語でのアナウ
ンスを取り入れたり、と変えざるを得ない部分も出て来るかも知れません。
けれど、ニーズに応え分かり易くすることは、ひいては日本人観光客にとっても分かり
易く改善する事につながります。
昨日、出陣式典は甲府駅南口の仮設ステージで行われましたが、山交デパート側に居た
人々からは全く見えず、落胆の声が聞こえました。コンサート会場や野球場のように、
大型スクリーンに中継画面を映し出す設備を配してあったらいいのになと率直なところ
思いました。来年はなんとか改善して頂きたいです。


今年から変化し始めた信玄公祭り。ぜひ、”攻め”の方針で知名度アップと観光客誘致
に頑張って頂きたいと思います。

  (写真は全て 甲州軍団出陣の様子 甲府駅南口にて
         出陣は17:30から始まり舞鶴城公園での帰陣式終了の20:00頃
         までなので、次第に夕暮れが迫り闇が訪れる中ライトアップされ
         た武者達が進軍する様子は幻想的で、タイムスリップしたような
         感じを起こさせます)

                 平成21年4月11日撮影
        


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
路線バスの旅 出発
From:山梨 路線バスおたく的 旅日記 
高速バスで大阪へ
From:山と川と土と人と
甲府駅内のショーウィンドウ
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
お家に帰りたくなる味。
From:なんちゃってやまなしにっき

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top