TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 山梨の桜•恵林寺

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201808  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

山梨の桜•恵林寺

2009.03.29 20:06  投稿者:ぶどうおばさん

恵林寺の桜は、かなり満開に近いようです。今日の様子です。
観光客は次から次へと大型バスで訪れて来ています。


恵林寺は、1330年甲斐国の守護に招かれて夢窓国師が開創したといわれる臨済宗の
寺です。後に武田家の菩提寺となりました。
1582年武田家滅亡の折り織田信長に焼き討ちされ、炎上する三門で快川国師が残した
 「滅却心頭火自」(しんとうめっきゃくすればひもおのずからすずし)という言葉
は有名です。三門は、空門•無相門•無願門の意による三解脱門の略だそうです。

三門に続く境内にある桜も、枝をうねらせるように広げて咲きほこっています。


四脚門は赤門とも呼ばれる、桃山期の建築物で重要文化財です。

いにしえの歴史に想いをはせながら見る桜も、また格別なものがあるように思います。
     
      (1枚目の写真 恵林寺三門)
      (2枚目の写真 境内)
      (3枚目の写真 四脚門)
                                  平成21年3月29日撮影


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

よもぎだんご
From:大熊猫 印 「 パ ン ダ ツ ア ー 」 やまなし版

コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

コメント

青木さま コメント有難う御座います。
武田家は織田軍の焼き討ちに遇いその折り恵林寺は灰と化したわけですが、境内にはかなり太い桜の大木もあります。いろいろな歴史を見、またそれぞれの時代の人々から桜花を愛でられて来たのでしょうね◦◦◦
投稿者:ぶどうおばさん: at 2009/04/01 22:11
ほんとに見事ですね!昔の人たちも同じように満開の桜を眺めたのか、、、と感慨深いですね。
投稿者:青木: at 2009/04/01 17:53

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top