TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 根津氏の銅像

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201808  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

根津氏の銅像

2009.02.25 21:57  投稿者:ぶどうおばさん

JR山梨市駅の西側、笛吹川に沿って広がる万力公園の南端に、ひときわ目を引くこの
銅像があります。高い台座の上に載っているのは、根津嘉一郎氏の銅像です。

根津嘉一郎氏は、山梨市出身の甲州財閥の1人で『鉄道王』と称された人です。
鉄道だけでも24社、生涯の中で経営にかかわった企業は130社余りという事業家だそう
です。


去年10月に山梨市に開館した「根津記念館」は、根津氏の居宅を復原したもので、23
日間で入館者が1万人を突破したと報道されました。この記念館は、今や山梨市の新名
所になっています。


根津氏は、豊富な財力を郷里のために使い、「根津橋」の架橋、地元の小学校の建設、
県下の小学校にピアノを寄贈など、郷土の人々の生活や文化を向上させることに尽力
されました。
その根津氏を讃えて造られたのがこの銅像です。台座は約13mの高さで大理石製で、
銅像の部分は5、4mあるそうです。昭和7年に建設されましたが、第二次世界大戦時
に金属を供出しなければならなくなり、銅像は召喚されたそうです。昭和35年に現在
の銅像を再建し、台座しかなかった期間に終止符が打たれたとのことです。


万力公園「万葉の森」は、赤松などの林(武田信玄が笛吹川の氾濫に備えて植えさせた
という)の、約14haの公園です。
ふれあい動物広場(シカ クジャク リス ウサギ ハリネズミ サル ヤギなど)•
ピクニック広場•噴水広場•ちどり湖•山梨市民会館などが点在する中に、《春の道》《
夏の道》《秋の道》という遊歩道があり、万葉集に詠われた植物約110種が、それ
ぞれの季節に道沿いを彩るのを見られます。


その公園に山梨市の駅から行く時に渡るのが「根津橋」です。古い橋だったものを平成
7年に造り直し現在に至るそうです。


「根津記念館」の常設展示室には、根津氏が県下の小学校に贈ったというピアノが展示
されています。YAMAHA 100号型という、日本楽器製造のアップライトピアノです。
土蔵(主屋、長屋門と並んで国登録有形文化財)には、当時のオルガンも展示されて
います。つややかな木質は保存状態が良好で、今も充分音が出そうに見えます。



郷土のために多くの設備や施設を造り貢献された根津氏、その足跡は、人々の心に残り
語り伝えられてゆくものと思います。

         (1枚目の写真 根津嘉一郎氏の銅像)
         (2枚目の写真 根津橋)
         (3枚目の写真 根津記念館の土蔵に展示してあるオルガン。
                 常設展示室のピアノは写真不可なので)


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top