TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 不老園の梅の花

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201912  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

不老園の梅の花

2009.02.11 15:57  投稿者:ぶどうおばさん

今日は、暖かく穏やかな気候なので、酒折の不老園に行ってみました。
祝日なので、県内の人々や近県からのツアー客でにぎわっていました。

園内に入ると、梅の花の香り!
今日の時点では、紅梅やピンク色の梅は四分咲きくらい、白梅は咲いている木もあれば
つぼみをまだ固く閉じている木もあります。


不老園は、中国の故事「不老の門を入り奇岩◦名木の間を逍遥して長生の庵に至る」
にならって造られた梅園だそうです。
JR酒折駅北側の山の斜面に、総面積5万㎡、20数種の梅をはじめ、赤松◦桜◦南天◦
つつじ◦もみじを約3200本植えて造られた梅園だとのことです。
紅紅梅•大盃梅•寒紅梅などの紅梅、甲州野梅•南高梅•豊後梅などの白梅、扇ながし•
日月しだれなどのピンク系の梅の花が、早咲き,中咲き,遅咲き、と順々に開花してゆく
そうです。

石(岩)の階段を昇って行くと、梅天神[ご祭神菅原道真公を祀る]があり、その脇に
は、見事なしだれ梅(日月しだれ)があります。


園内では梅の盆栽展や梅の写真展も催されています。
不老園の開期は2月1日〜3月下旬だそうです。

今は白梅の開花が少量ですが、あともう少しして白梅が満開になったらさぞ迫力満点
だろうなと、想像しています。
    
          (1枚目の写真 紅梅)
          (2枚目の写真 日月しだれ)
          (3枚目の写真 園内の様子)


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

不老園の梅
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
不老園の梅•続篇
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
不老園の梅
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
不老園の梅•続篇
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
酒折宮 連歌発祥の地
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top