TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 大正琴

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201705  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

大正琴

2009.02.01 20:01  投稿者:ぶどうおばさん

今日は、大正琴の小コンサートを聴きに行きました。

場所は双葉ふれあい文化館。

私にとって大正琴は、古賀政男氏の曲を始めとする歌謡曲を演奏する楽器、というイメージだったのですが、その先入観は見事にひっくり返されました。


大正琴用にアレンジしたという曲は、強弱をつけてドラマチックに奏でられ、
『荒城の月』『アルハンブラ宮殿の思い出』『テネシーワルツ』など、和洋を問わず自在に音が駆け回っている感じでした。

演奏者は、早乙女大正琴の先生お2人と生徒さん達。
楽器は大正琴とギター。


演奏を聴き、
  「大正琴の表現力にはこんな可能性があるんだ!」と、ただ驚かされました。時にロックのように、時にフラメンコのように、時にクラシックのように、時に歌謡曲のように。

トレモロ奏法でくり出される音は、繊細に哀調をおびたり、ダイナミックに自己主張したり。 曲は、この会の先生方がアレンジし創り出し演奏しておられるとの事です。


あたかも、大正琴に対して持たれている既成概念を打ち破ろうとでもするかのように、広いジャンルに渡って演奏して見せてくださいました。
大正琴の、楽器としての可能性を見せつけ(魅せつけ?)られた演奏会でした。
惜しみない拍手を送りたいです。

       (上の写真 大正琴)
       (下の写真 ふれあい文化館ロビー)


コメント(4) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

コメント

tikoさん コメント有難う御座います。
早乙女大正琴はジャンルにとらわれない曲を情感込めて演奏されるのが素晴らしいですね。私は趣味で琴を弾きますが大正琴はコンパクトで持ち運びやすい事も魅力のひとつだと思います。これから先も頑張って下さい。
投稿者:ぶどうおばさん: at 2009/12/12 19:02
私も聞きました。早乙女先生の大正琴はアンプもエコーも使わない素晴らしい演奏です。私は電気の大正琴を弾きますがソロで昔の演歌をケアハウスで1時間弾いていますがエコーを使うと上手に聞こえて誤魔化し演奏でしたが早乙女先生をやっと探して初歩からご指導して頂く事にお願いしました♪嬉しいです。なんたって早乙女先生は本物の演奏家です(*^_^*)
投稿者:tiko: at 2009/12/11 17:10
Y.Gayaさん コメント有難うございます。
大正琴は大正時代に創り出されたものだそうですが、大正琴も日本固有の楽器として外国の方々に知ってもらえるといいですね。最近は、大正琴とアンプを電気コードでつなぐ電気大正琴というのもあるようです。電気三線(さんしん)、電気三味線は聴いたことがありますが、電気大正琴はどんな音なんだろう?と想像しています。
投稿者:ぶどうおばさん: at 2009/02/02 21:14
大正琴の「アルハンブラ宮殿の思い出」は面白そうですね。
わたしもずっと昔にギターで挑戦しましたが、友達から<アルハンブラの騒音>と言われてがっかりしました。
大正琴のような日本独特の楽器で山梨の民謡等が弾かれるといいですね。
武田節の冒頭、「かいのやまやま」を「かいのふじやま」に代表してもらい、英語にしたらグローバルになるかな。
投稿者:Y.Gaya: at 2009/02/02 09:59

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top