TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 甲府駅のイルミネーション

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201908  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

甲府駅のイルミネーション

2008.12.19 20:58  投稿者:ぶどうおばさん

甲府駅南口周辺が、今年もイルミネーションで飾られている。
一番のシンボル的なものは、円錐形の立体イルミネーションで、他には、平面に絵を
描いたような平板状のイルミネーションが、道路に沿って続く。
                   (上の写真と2枚目の写真)
                

このイルミネーションは、今年の11/23〜来年の2/14まで飾られるとのこと
だ。午後5時〜10時に点灯されている。

凍える寒空に、華やかでロマンティックなイルミネーションは、青や黄色の宝石のよう
で、心をなごませてくれる。
この名称は、『ナイトジュエリー甲府』というのだそうだ。


駅周辺とは別に、2004年から、甲府城跡に『光のピュシス』と称して冬期イルミネー
ションが飾られてきた。しかし、文化庁から、天守台の装飾を禁止されたとのことで、
県や市からの補助も打ち切られ、それを機に2007年でイルミネーションは終了した。
今では甲府城跡は、闇の中、白い光に照らされて石垣が灰色に浮かび上がっているのみ
だ。


オリオン通りは、人の歩く頭上に雪の結晶形の照明が輝いて、通りにはミニクリスマス
ツリーが並んでいる。

岡島百貨店から南に延びるかすがもーるのイルミネーションは、青を基調として、こち
らは幻想的な雰囲気が漂う。      (3枚目の写真)



この『ナイトジュエリー甲府』は、10商店街が協力していて、山梨の特産品である
宝飾品がネーミングの由来になっているとのこと。

木枯らしが吹き凍てつく夜にも、これからしばらくの間は、人々の心を元気づけてくれ
そうだ。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top