TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > コトの難しさを実感!

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201806  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

コトの難しさを実感!

2008.12.01 23:28  投稿者:ぶどうおばさん

今日(12/1)は、今年最後のインバウンド講座があった。

講座は、来年2月に1回あり、それが最終回となる予定だ。

次回が最終回とあって、今日は、インバウンド講座第1期生でツアーの企画をし、
実施された玉川さんのお話(ツアーの様子や改善点、苦労した点など)をお聞き
し、さらに、次回までに完成させておかねばならないツアー【企画書】のつくり
方や【パンフレット】の作り方を具体的に説明する内容の講義を受けた。



今年10/1〜10/5に実施された「地域アカデミー’08」というツアーの
企画者である玉川さんのお話は、実際的で、”ツアーを企画する側は、大変な苦労
をしているのだな”と、驚きまた感心した。




【企画書】に関しては、難解さを、改めてヒシヒシと感じた!!

【企画書】を作成する際は、まず、下見をすること。
【企画書】には、ツアーの全てが入るように、次の項目を網羅すること。
    背景(ツアー案を作るに至った理由)
    現状分析(現状はどうであるか?)
    原因(現状を生み出した原因、これまでそのツアーが無かった理由)
    課題(ニーズに応えるには、どうしたらよいか?
       理想の状況と現状とのギャップを埋めるには?)
    企画の概要(説明を要約したものや目標)
    戦略(具体的な行程など)         これらが必要とのこと。

配布された資料と講義を、頭をフル回転させなんとか前頭葉に押し込んだのが
上記の事柄だった。個々の違いは、まだ良く解らないが、資料をもう少しじっ
くり読まねば、と思っている。



【企画書】を作るポイントは、「”戦略”が”原因”となっている問題をクリアし、
”課題”の解決を具体化したものであることが必要」と、青木先生の作られた資料
に書いてある。

この言葉をよく考えて、もう少し実感として理解できるようになろうと思う。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top