TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 「太陽光発電」講演

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201807  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

「太陽光発電」講演

2008.11.26 20:56  投稿者:ぶどうおばさん

今日(11/26)は、県立文学館で【環境講演会】があった。

講演は2つ、 1つは『山梨の森林と私達のくらし』
       もう1つは『未来を創る太陽光発電、その現状と今後の方向性』
                             というものだった。


1つ目の講演は、農学博士の長池氏が、”今、山梨の森林で起きてること”を説明され
た。北岳や櫛形山のスライドを紹介しながら、動物(おそらくシカ)の食害により、
櫛形山のアヤメも今年は数株しか咲かなかったこと、北岳では2700m付近でも
シカが目撃され、高山植物は減少し、樹木も樹皮をはがれ立ち枯れる状況になって
いることを説明してくださった。
シカの害は、シカの数が増えていることによるものではあるが、冬の雪が少ないため
高い山にまで登る事が出来、食料も確保出来て子供のシカが餓死する率も減り、その
一方、狩猟者が高齢化したという事の結果のようだ。
そしてその原因のもとをたどると、やはり”地球温暖化”に深くかかわっているとのこ
と。


山梨は、県の面積の78%が森林だそうだ。
そして、世界の森林に関しては、減少化傾向にあるという話だった。

森の役割は、•生物の多様性
      •地球環境保全
      •土砂災害を防ぐ   などがある。


現在、日本の木材自給率は2割。残りを輸入に頼っているが、いつまで輸入を続ける
事が可能なのか?
私達は、これから森林とどうつきあってゆくのか?
講演はいろいろな問題点について分かり易く進められた。


私達のすべきことは、《適切な管理(間伐などの)》《適切な利用》《長い目で見て
ゆく事》などだとお聞きした。




2つ目の講演は、”太陽光発電がなぜ必要か?現状はどうであるか?”を、NTT関係の
田中氏が話された。
燃料電池を20年前から研究されてきて、地球の温暖化を防止するにはどうしたら
良いか長年取り組んでこられた方だそうだ。

「現在、”地球温暖化を防ごう”という言葉はよく耳にするが、大量生産•大量消費•
大量廃棄の時代は変わっていない」と、話される。
温暖化が進むと北極の氷が解ける。私は、”氷が解けると海面が上昇し海に埋没する
島や陸地があるから良くない” という認識しか持っていなかったのだが、田中氏に
よると、「北極の氷は、宇宙からの熱を反射しているので、氷がなくなると熱が海
の中にため込まれ、流れず、よどむ」という話で、驚いた。


地球全体の温暖化を防ぐためには、やはり化石燃料に頼らないシステムが必要で、
その内わけは、太陽光発電,風力発電,廃棄物発電,バイオマス発電などだ。
それらは新エネルギーと呼ばれるものらしい。

日本では、全国で2カ所国家プロジェクトで太陽光発電をやっているところがあり、
        ▶山梨県北杜市
        ▶北海道稚内市    だそうである。
                (下の写真1枚目は、太陽光発電の講演風景)


北杜市の特徴は、いろんな素材を使った全ての太陽電池を設置し、研究•実験して
いる施設だとのこと。
太陽電池にも、シリコンや化合物半導体や、研究の段階の有機半導体などからなる
様々な種類があるらしい。
これらを設置し試し、中には、太陽を追尾して向きを変えて行く設備や、太陽光を
レンズを使って集め700倍に高めてから充電、というものもある、と、スライド
を見せて話してくださった。


日本は2005年以降、太陽光発電システム導入量がドイツに抜かれ、世界第2位
になっているが、行政が制度でバックアップ(今は設備に要した費用が回収できる
のは一般家庭は27年かかるといわれているらしい)をし、経済性を高め、全電力
に占める再生可能エネルギーの割合を増やしていくことが大切だ、という講演の内
容は、よく理解できた。



   久しぶりに、充実した楽しい講演を聞かせて頂いた。
               (下の写真2枚目は、文学館の池、今日の様子)
          


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top