TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 県立美術館の紅葉

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201801  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

県立美術館の紅葉

2008.11.15 22:59  投稿者:ぶどうおばさん

山梨県立美術館の紅葉が見頃を迎えている。

駐車場のいちょう並木も、一斉に黄色く色づいている。
            (上の写真。これは一昨日11/13に撮ったもの)


県立文学館南側の木々も、紅葉が美しい。
            (2枚目の写真は、ロダン作「クロード•ロランの肖像」と
                   紅葉した木々)

            (3枚目の写真は、こだま広場への芝生と紅葉した木々)



11月20日は、県民の日で、県立の施設は、いろいろなイベントを企画し、観覧も
無料になる。


2年程前の県民の日、県立文学館の【書庫見学】をさせてもらった。
文学館1階の書庫には、約27万冊の図書•雑誌があり、普段は入ることが出来ない。
県民の日だけ、一般の人が書庫に入ることが許され、職員の方が資料を紹介しながら
案内してくださる。

書庫は、ひんやりした動かない空気の中、かすかに古い紙の匂い。空調管理が完璧に
なされ、蔵書を守っている。
階段を上がり下がりして、いろいろな区画に案内される。番号が付けられ、きちんと
整頓された図書•雑誌の間を歩く。圧倒的な量! 圧倒的な量の書籍!!


直筆の手紙•直筆の原稿というものを書庫で目の前にすると、一気にタイムスリップ
したような不思議な感覚に襲われる。
その時は、芥川龍之介直筆の本を見せて頂いたのが一番印象に残っている。


蔵書の量が膨大なため、まだ整理途中のものを現在進行形で区分けしているとお聞き
した。



今年も11月20日の県民の日には、書庫見学が実施されるようだ。
午前と午後に分かれているようなので、関心のある方は、直接問い合わせてみられる
と良いのでは☆。



               


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

ootaminoruさん
コメント有難うございます。今の時期、おっしゃる通り紅葉の美しいスポットは数限りなくあります。小規模から大掛かりなものまで。それは観る人が時間等の余裕にかんがみて選択できます。
美術館駐車場のイチョウは、西に立ち東方向を向いて撮る、という事しか考えていませんでしたが、西を向いて甲斐駒を遠景に、というのも美しいでしょうね。いつかブログで披露して頂ければ幸いです。
投稿者:ぶどうおばさん: at 2008/11/18 18:13
甲府盆地からの甲斐駒ケ岳

美術館前の銀杏並木は素敵ですね。
ですがこの程度の銀杏並木は何処の都市にでもあるのではないでしょうか。
ここの銀杏並木のオンリーワンは前景に黄葉したイチヨウ並木をいてれ後景には甲斐駒ケ岳を望遠でどっしり入れた景色です。
車道からほんの僅かなポイントでしか狙えません。

甲府盆地、特に甲府駅の周辺は甲斐駒ケ岳の撮影地点がありません。
私の知る限り、探した限り甲府駅から少し離れますが美術館前のここしかありません。
投稿者:ootaminoru: at 2008/11/18 17:14

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top