TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > おつけだんご何処で!?

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201809  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

おつけだんご何処で!?

2008.11.08 12:49  投稿者:ぶどうおばさん

    きょうは

    寒いーーーー

    こんな気候には

    あったかい食べ物が欲しくなる

    そこで、
    『おつけだんご』!


今年11月の福岡での、郷土の名物料理の祭典「B1ーグランプリ」で、見事
特別賞に輝いた、大月の『おつけだんご』

小麦粉を水で溶き練って、一口大のだんごにしたものを、味噌汁の中に入れて
煮込んだ料理、と聞く。

大会では、団子の直径は2センチにした、と新聞で読んだが、大月市内で販売
している店では5センチくらいある、とも、5百円玉くらいの円盤状、とも、
手でちぎった形のもの、ともネット上には出ていて、球なのか円盤状なのか、
練ったままの形なのか、いまいち判らない。
味は、味噌あじとのことで、具は、大根◦人参◦白菜◦ジャガイモ◦シイタケ◦ごぼう
◦ねぎ◦油揚げ等から、作り手が選んで作っているものらしい。


『おつけだんご』の語源は、
  【大月のだんご汁】がなまったもの
  【おみおつけ《御御御付け←漢字にすると》(みそ汁)の中のだんご】から来て
            いる、 などの説が有るようだ。


『おつけだんご』は、2006年11月の大月市の、ふるさと産業まつりで好評だった事
から、市の人々が商品化できないかと特産化に乗り出し、昨年には、市内の飲食店や
民宿で販売し始めたとのことである。
今年は、県外のイベントで振る舞ったり、大月市内の販売店のガイドマップを作成し
たり、ホームページを開設した、そして、11/1•11/2の「B1−グランプリ」への
出場にこぎつけた、そうである。


食べた人の感想は、「美味しい!」
         「懐かしい!」
         「食べ応えたっぷり!」
         「すいとんの味噌あじ版!?」
         「体があったまる!」    などあるようだ。

『おつけだんご』は、今のところ大月市内の飲食店や民宿を中心に販売提供されて
いるようで、甲府では食べられなさそう。

大月市商工会青年部は、学校給食のメニューにしたり、JR大月駅前に店を作る事を
計画している、と新聞に出ていた。


1つの事柄が脚光を浴びるためには、何年もの準備期間が必要で、失敗や苦い経験
もあったであろうに乗り越え、これまで続けて来られて素晴らしい結果を出された
大月市のみなさんに拍手を送りたい。


『おつけだんご』は、
     11月22日(土)13:00〜15:00
     山梨県立博物館「甲州味の見本市」に出店する  とブログに出ている。

ただし、200食限定で、なくなったら販売終了とのこと。
人々が殺到しそうな気がする。


    大月の名物、

    いや、山梨の名物になりそうな『おつけだんご』

    そのうち

    どこかで

    きっと 食べよう!!

                (写真は2枚とも 『おつけだんご』
                        HPからお借りしました。)

   


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top