TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 県内の仁王像

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201808  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

県内の仁王像

2008.10.07 15:22  投稿者:ぶどうおばさん

寺を訪れると、たいてい入り口の山門のところに、左右で一対の金剛力士像(こんごう
りきしぞう)がある。
金剛力士像は、一般には仁王像の名でも親しまれている。


東大寺や法隆寺の像は有名だが、山梨県内にも、いくつかの寺の門に安置されている。

口を開いた阿形(あぎょう)、
口を結んだ吽形(うんぎょう) の2体で1対になっている。

『あいうえお』の「あ」から「ん」まで、ということは、初めから終わりまで、を
意味し、寺を外部の邪悪なものから完全に守っていることを示している。
     
     (上の写真は、塩山,放光寺の金剛力士立像。2m60㎝の大きさで国の
      指定重要文化財。鎌倉時代の作。)



金剛力士像は、力強く、写実的で、見事な躍動感を持っている彫像だ。
が、置かれている場所は、山門の下部分の格子の中という、風や雨が吹き込んで来る
場所で、風雨の害を蒙りやすい。
そのため、木製の像の表面は、色がはく脱したり木肌が荒れたりしている。


このような見事な像が、吹きさらしの場所にあるのは心配だが、かといってガラス張り
になっても、親近感が遠のいて困る。


像の木質の堅さと、仏様の御加護で劣化が最小限に進んで行くことを、切に願っている。

     (2枚目の写真は、勝沼,大善寺の金剛力士像 《うんぎょう》)
     (3枚目の写真は、同上    《あぎょう》)


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top