TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 電力源

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201810  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

電力源

2008.09.26 12:16  投稿者:ぶどうおばさん

先日、「サイエンスZERO」という番組を見ていたら、ソーラー電池•ソーラー発電が
テーマだった。ソーラー発電とは、太陽光のエネルギーを電力に変換する発電方式の
ことである。       (上の写真はソーラー電池。京セラのHPからお借りした)


ソーラー発電は、これからの発電の形態として、望ましいあり方の1つとして注目され
ている。
化石燃料を消費することもなく、CO2を排出することもない。
また、原子力発電のように、設備に不具合が生じた際の放射能漏れの被害や、放射能
廃棄物の処理に困ることもない。


ソーラー発電は、理想的な発電形態でありながら、日本では本格的な発電所は存在し
ていなかったそうである。
日本は、太陽光発電の生産普及率は世界一だそうだが、主に個人住宅への設置に留まり
発電所として機能するものは、なかったとのこと。


本格的な発電所が造れなかった理由の1つは、
   ▶今までは、太陽光の20%(可視光線だけ)しか電力に変換出来なかった
からだが、
   ▶最近、太陽光の40%(赤外線や紫外線などの不可視光線も含めて)を
    電力に変換出来るようになった
とのことである。これは、画期的な躍進で、発電所として機能するものを造れるように
なったのだ、という話だった、

また、ソーラーパネルも、高価だったものが、小さいサイズでも同じ性能を持てるもの
に改良され、結果的に安価になった、ということだ。
CO2を排出しない未来のエネルギー源としては、大いに期待が持てる。




CO2を排出しない、石油を消費しない、という点において、近年注目されているのが
風力発電だ。

風車のプロペラを回し発電する風力発電は、世界のあちこち、日本でもあちらこちら
に見られるようだ。

山梨にも、風力発電機を1〜2機設置している所は多い。
富士川小学校•御坂町のももぶどう園•南アルプス市の青少年児童センター•東京エレク
トロン•県立科学館などでは、風力発電用の風車が1〜2機置かれているとのことだ。


近頃は、村おこし町おこしに利用しようという動機から風車を設置する団体が増加
しているらしい。


ところで、風力による発電所となると、山梨県にはなさそうだ。
日本には、風力発電所が何カ所か存在する。
沖縄•青森県六ヶ所村•柏崎•銚子•三浦•館山•唐津•鳥取•石川などに発電所があるそう
だ。地図上でも海沿いの風の強そうな地域だ。
                 (下の写真は宮古島の風力発電所。
                  ネットからお借りした)


甲府盆地の冬の木枯らしの強風を、もっと、風力発電に利用出来ないものだろうか?
と、考える。

一方で、発電所を造る、となると反対意見も多いことは考慮しなくてはならない。
景観や周辺環境への影響を憂慮する住民、山岳愛好家、野鳥の会、観星会等の反対
が予測される。
また、過去において、風力発電機の羽根が折れる事故(強風か落雷によるものと
言われている)もあり、課題は残る。



当面は、風車を1〜2基設置する場所を増やす、という方向だろうか?
観光関連施設「道の駅」などに設置されてはどうだろう?
高い塔のような風車は、遠くからでも見えて目印になる。

冬の強風が無駄に吹き抜けるのは、なんとももったいない気がするのだが......。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:観光施設アミューズメント

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top