TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > やまなし館もっと詳しく

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201809  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

やまなし館もっと詳しく

2008.09.14 18:55  投稿者:ぶどうおばさん

「富士の国やまなし館」は、2004年10月に、日本橋に開館した山梨県の
アンテナショップです。
県内の観光地のパンフレットを置いたり、物産品の展示や販売をする場所。


物産品の販売のみを主とするアンテナショップも多い中、「やまなし館」は、
観光の宣伝といった情報発信拠点としての役割もあるので、パンフレットを
多く置き、商品は少なめに、という方針でやっておられるそうです。

物産品は、ワインが中心で、他に、絹のネクタイ•スカーフ、印伝の財布、ぶどう
や桃の菓子類などがあります。


上の写真は、絹のネクタイですが、模様を良く見ると、白い部分は雪を頂いた
富士山の頂上をデザイン化した絵柄です。他のネクタイも、「あ、これ、富士山!」
と気づく模様が。 風林火山の文字や武田菱の柄が、さりげなく模様に折り込まれ
ているものもあり、粋というかお洒落です。


館長さんの「館内は、品位や高級感を出すような陳列を心がけている」という
お言葉通り、雑多ではない落ち着いた雰囲気の中に、ワインが置かれています。
館の入り口には県特産の宝飾(ネックレスや貴石の像など)が展示され、さらに
高級感を添えています。
ワインコンクールの入賞ワインの『グレイス甲州』もワインエリアの中心部に
位置しています。                  (真ん中の写真)


「やまなし館」を外から見ると、こんな感じ。開館前に撮ったものです。
日本橋のビルの1階にあります。           (一番下の写真)


     ひとつ気になったのは、「富士の国やまなし館」という館名が、大きく
     書いてあったら(富士山の絵のパネル辺りに)、わかり易いかな、と思
     った事です。


「富士の国やまなし館」は、現在の館長さんになられてから、売り上げが3倍になっ
たとのことで、陳列の仕方•顧客のニーズの調査•イベント企画•観光情報の収集など、
能動的に動かれてきたことが成果を結んでいる、とのことでした。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:観光施設アミューズメント

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top