TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > そばの香•しょうゆの香

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201807  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

そばの香•しょうゆの香

2008.08.30 22:14  投稿者:ぶどうおばさん

インバウンドの現地実習「日本の伝統食の魅力を探る」に参加しました。
            ◇
            ◇
昇仙峡•すがはら屋 そば道場でのそば打ち体験。
 そば粉をボールにあけた途端、フワ〜ッと広がるそばの匂い。
 「いい香り!」などと、楽しむゆとりがあったのも初めのうち。
 予想した以上に、コネコネ、押し押しの手順が多く、最後に切る作業が終了
 した時は、「ひと仕事終えた〜!」という達成感(!?)さえ感じる程。

そして、自分たちの打ったそばを昼食で食べた時は、太い麺あり細い麺ありで、
不揃いもまた良し、と、美味しく感じました。
この、そば打ち体験は、確かに、観光の『ウリ』の1つになると思いました。
       (ひとつ言わせて頂けるなら、個人的には、そばがもう少し灰黒色が
        濃いと嬉しいです。素人目には、本場のそば=黒っぽいそば  と
        いう先入観が有って.......)

指導してくださった方が、仕事に誇りと情熱を持っておられる様子が印象的でした。
            ◇
            ◇

テンヨ武田の工場見学は、これもまた、楽しかったです。
しょうゆ製造の説明を聞くことや、工程を見学することが、これ程興味を沸かせる
ものとは、正直思っていませんでした。

6ヶ月熟成させた諸味を絞って出て来た液体の、赤紫色のなんと美しいことでしょう!
また、味も美味しい!!
製造途中での諸味やしょうゆを味見することで、どういうわけか大盛り上がり。
この赤紫色の液体に”火入れ”をして、状態を安定させるのは、かおりや味を良くする
ためとはいえ、何だかもったいない気がしました。

            ◇

発酵を巧みに利用して旨味を出す、こんなスゴイ発想を鎌倉時代や江戸時代に既に
実行していたとは、日本の食文化って奥が深いし素晴らしい!
大豆や小麦から、こんな思いもよらない味のものを創り出した昔の人達は偉い!
思わずそう言葉が出てしまいます。


麹菌を使って発酵させる作業は、生き物を扱うものだから、さぞ細心の注意が必要
でしょう。
工場で働く方々の一生懸命さと真摯さに、感銘を受けました。

            ◆

今日は充実した1日を有難うございました。

            (1番上の写真、そば道場にて 準備完了状態)
            (真ん中の写真 手にされてるのが諸味を絞った液)
            (1番下の写真 しょうゆの材料 大豆•小麦など)


コメント(3) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

蕎麦打ちは本当に疲れましたね(^_^;)
蕎麦屋さんはとても重労働なんだなと思いました。

テンヨの醤油の諸味美味しかったですね。
今日スーパーでテンヨの醤油買いました。
申し訳ないぐらいの特価でした!

投稿者:NOWA: at 2008/08/31 20:50
おはようございます(^0^)

充実した楽しい体験の1日でしたよね。
皆さんとお会いでき・話せたのも、貴重な1日でした。
これからの、実習も楽しみになっています。
投稿者:ルン: at 2008/08/31 10:01
しょうゆはいまや世界中で欠かせない調味料のひとつとなっているもの。
海外のあらゆるレストランや家庭で使われていますよね。

そば打ち体験、いつかしてみたいものです。
投稿者:yu-ka: at 2008/08/31 05:43

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top