TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 難!ローマ字表記

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201811  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

難!ローマ字表記

2008.08.12 12:18  投稿者:ぶどうおばさん

日本語をローマ字で書き表すのには、意外と落とし穴があります。

例えば下の日本語。
ローマ字表記は、どちらが妥当と思われますか?

                        【A】         【B】
どうぞ          Doozo.                     Douzo.
どういたしまして      Doo itashimashite.       Dou itashimashite.
頭痛                zutuu                      zutsu
カレー               karee                      kare, curry
牛丼                 gyuu don                 gyu-don
サービス料            saabisu-ryou           sabisu-ryou


上の表の【A】は、中国語版甲府市観光ガイドの冊子に出ているローマ字表記。
    【B】は、大学生活を含めてアメリカ滞在7年の人間の表記。 です。

皆さんは、【A】【B】のどちらに、より多く共感されるでしょう?

【A】は、”母音が続く時は、重ねて書く”という決まりで統一されているよう
なので、その事に気付けば読めますが、なんとなく、違和感を感じさせます。

例えば、「Doo」は「ドオ」と読むより「ドゥー」と読まれそう(英語のDoに似て
いる。 また、zoo《動物園》のooはウーと読まれる)です。

一方で、「Karee」は「カレエ」より「カリー」と読む(eeはイーと読まれる)人
もいそうです。......この場合はどちらでも、意味は通じると思いますが。 


「どうぞ」は 「Douzo. 」 の方が、読みが自然ではないかと、私的には思います。
「牛丼」は、アメリカのレストランではメニューに 「gyu-don」と、記載されて
いる とのこと。これも、こちらがわかり易いと思います。
母音を続けると、他の読みになったりして、読み方をとまどいます。

また、「ツ」の表記も、ローマ字では「tu」と習いますが、一般的には英語ふうに
「tsu」と表記される事が多く、英語版観光ガイドも「勝沼」は「Katsunuma」です。

「tu」を「ツ」と読む人と「トゥ」と読む人の割合は分かりませんが、そろそろ
「ツ」→「tsu」に統一していくほうが、混乱が少なくなるのではないでしょうか?


冊子の中には、次のような部分もありました。  (真ん中の写真)

これは一体、誰がどのように使うのでしょう?

日本語が読める人は中国語をどう発音すればいいか分からない。だから、声に
出して中国語で言えない。
中国語が分かる人は、日本文は読めないし発音出来ない。だから、日本語でどう声を
発したらいいのか、分からない。

で、この冊子をよく見たら、”筆談集” の文字。
なるほど、声に出して言わなくても、文を指し示せば相手に通じる仕組み。
最近、街で筆談で会話している外国人はほとんど見かけませんが、筆談も1つの方法
といえます。この筆談集には、相手の返事も予測して書いてあり、相手は4択で答えを
選べるので、これを利用したら、会話はスムーズに行くかも知れません。



この筆談集は小冊子ながら、『中国語•日本語•ローマ字の読み方』を載せている会話
ページも有ります。             (一番下の写真)

これが最も使い易いのではないかと思います。
日本語発音の抑揚はともかく、何とか声に出して、中国人観光客が言ってくれたら、
より円満にコミュニケーションがとれそうな気がします。

旅の簡単会話ハンドブックも、もちろん売られてはいますが、こういう無料の
パンフレットが、活用し易いものであれば、ベストと思います。
冊子に『中国語•日本語•ローマ字の読み方』の会話欄が増え、この冊子が、より
利用されるものになることを期待しています。


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

昔語学学校のアメリカ人の先生に
同じローマ字を続けてつづることは「あり得ない」と言われました。
そのルールにのっとるならば、「Doozo」というスペルはおかしいということになる訳で・・。
投稿者:Uca: at 2008/08/12 22:37
ブドウおばさん今日は

日本語で

「どうぞ」と書いて日本語の発音は「どおーぞ」と「お」を伸ばして発音します。
これは長音と言います。
投稿者:ootaminoru: at 2008/08/12 17:41

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top