TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 県の無形文化財

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201809  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

県の無形文化財

2008.08.04 22:42  投稿者:ぶどうおばさん

笹子町に、笹子追分人形芝居という人形浄瑠璃があります。

山梨県指定の無形文化財だそうです。

語り、三味線に合わせて黒子が人形を操ると、人形はまるで生きているように
自在に動き出す! 

特に素晴らしいのは手の指の動き。
手をむすんだり、指を反り返らせたり。 情感豊かに動きます。

だから、いつのまにかストーリーに引き込まれてゆく。
観ている者にとって、黒子の存在は気にならないから不思議です!



人形浄瑠璃は江戸時代に広まったようですが、明治時代になり後継者不足や
時代の流れにより、廃絶の危機があったとか。
現在は西川一座が復興させ継承しておられるそうです。

この写真は今年3月に県立博物館で行われた公演の時のものです。
お姫様の人形は、この日の演目には有りませんでしたが、公開展示
されていました。
  
意外と大きい!!
確か、10kgとか、15kgの重さ、と聞いたような記憶が...。
体力的にも重労働だと拝見しました。
                 
山梨県内にも、こうした伝統芸能が脈々といきずいていて、人々
の心の糧になっている。
                
守り続けている方々の御努力に惜しみない拍手を送ります!


またいつかこの笹子追分人形芝居を観たいものです。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top