TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > june 21 2013

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 20136 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

36枚一堂に

2013.06.21 12:28  投稿者:ぶどうおばさん

「北斎の冨嶽三十六景展」が開催されています。
    6月15日(土)~7月8日(月)
    山梨県立博物館   (火曜休館)

江戸時代の人気絵師葛飾北斎が天保元年~5年頃(1830~34年頃)にかけて制作した「冨嶽三十六景」は、江戸・東海道・信州・甲州から見た富士山の様子を、人々の暮らしや景色を交えてさまざまな季節で描いた版画(彫師が版木を彫り摺師が紙に摺って出版)です。
県立博物館では三十六枚を全て収蔵していますが、常設展で公開されるのは一部でした。



今回は、三十六景以降に追加制作された十枚も含め計四十六枚が展示されています。
冨嶽三十六景では
    荒波の合間に見える富士を描いた「神奈川冲浪裏」
    「赤富士」の別名で知られる「凱風快晴」
    中腹にカミナリが描かれている「山下白雨」   
など有名な作品の他、山梨県側から見た富士山を描いた作品6枚も含まれています。


平成25年度やまなし再発見講座「富士山を語る」(平成25年6/6~6/27の全4回)の2回目で講師の堀内氏は、
    江戸時代...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

▲Page Top