TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > october 17 2012

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201210 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

中道往還 講義

2012.10.17 19:12  投稿者:ぶどうおばさん

身近な郷土の歴史を学ぶ教室が市内の公民館で開かれ、甲府から駿河に至る街道の1つ中道往還(なかみちおうかん)についての講義がありました。



甲府から静岡県に行く道の中で、御坂峠を通る道と富士川沿いを通る道との間に挟まれた中の道ということで中道の名がついたそうで、甲府から精進湖を経て東海道の吉原へ約80kmを1日で行くことが出来る最短のルートだったそうです。

駿河の今川氏が甲斐の武田氏を侵攻した当時は軍用道路として、後に物資を輸送する商業道路として使われてきました。ここを通ってタバコや炭や蚕の卵、そしてマグロ・アワビ等海産物が運ばれたそうです。中道往還には馬方約80人、馬は100頭以上いたそうです。
沼津で朝とれた魚は昼には問屋、夕方には吉原を出て翌朝7時には甲府の魚町に着くといった迅速さで、江戸時代の甲府勤番の武士はマグロの刺身も食べていたようです。


甲府から精進湖に向かう途中にある右左口峠(うばぐちとうげ)近くには右左口宿という宿場町がありました。現在は建物は造り変えられていますが、間口を同じ広さ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

▲Page Top