TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > february 25 2012

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 20122 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

甲府駅合格祈願クローバー

2012.02.25 21:56  投稿者:ぶどうおばさん

甲府駅に、受験生を応援する合格祈願のクローバーが置かれています。

これらのクローバーの中に四つ葉のクローバーを見つけられたら合格の願いが叶う、というものだそうです。
中学・高校生が足を止めて四つ葉を探しています。甲府(こうふ)にちなんで「こうふく」につなげようという試みのようです。

  (写真は全て 甲府駅改札口付近)
           2012年2月25日撮影


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

大井俣窪八幡神社修復中・続篇

2012.02.25 21:42  投稿者:ぶどうおばさん

大井俣窪八幡神社についてもう少し紹介させて頂こうと思います。

   (1枚目の写真 鐘楼
            県指定文化財)
   (2枚目の写真 本殿裏にある末社)
   (3枚目の写真 左は高良神社本殿
            右は拝殿、シートに覆われているのは本殿)

  境内には他にも工事中で立ち入れない場所が部分的にあります。

             2012年2月25日撮影


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

大井俣窪八幡神社修復中

2012.02.25 20:37  投稿者:ぶどうおばさん

山梨市にある大井俣窪八幡神社(おおいまたくぼはちまんじんじゃ)は昨年から三か年計画で改修工事が進められています。


貞観元年(859年)に清和天皇の勅願により大分県の宇佐神宮の八幡三神を笛吹川の中島にある大井俣の地に勧請して以来一千年を越す歴史があるといわれる神社です。戦国時代、武田氏の崇敬を集め、1063年に建立された本殿を1410年に武田信満が再建し1531年武田信虎が修復、1557年武田晴信が扉と共に金箔による豪華な壁画を奉納したのが今日残る本殿と言われます。

改修されるのは本殿・拝殿・若宮拝殿など主要な3棟の建物です。昭和26年~28年にかけて解体復元工事が行われましたが、今回50年ぶりに修復されます。屋根の檜皮を解体し再び檜皮葺に葺き替える作業は、拝殿と若宮拝殿が昨年12月に終了しています。
現在は本殿の屋根の葺き替えと本殿前面の板絵や壁板を修復する作業中とのことで本殿はシートにおおわれています。板絵は史料的価値が高いものだそうですが劣化が激しく復元が困難とのことでアクリルボードで板絵...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

▲Page Top