TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > october 26 2011

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201110 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

こうふ地旅・続篇

2011.10.26 20:00  投稿者:ぶどうおばさん

株式会社サドヤは甲府駅北口から徒歩5分の場所にあります。
ワインの地下貯蔵庫を見学させて頂きました。


大きなワイン樽を切って作った扉を入り地下に続く階段を下りると
昔発酵槽だった所を改装したワインセラーがあります。一升瓶に詰め
られた約1万本のワイン、100余りの樽詰めワインが貯蔵され創業
以来使ってきた道具類や写真が展示されています。 案内にあたった
サドヤの方はジョークも交えて分かり易くワイン醸造について説明して
くださいました。


サドヤの広大な敷地の中にはこの地下ワインセラーの他にレストラン
やカフェがあります。


  (1枚目の写真  樽貯蔵庫)
  (2枚目の写真  ぶどうを手動でつぶす機械)
  (3枚目の写真  サドヤの売店とカフェ
              売店で試飲をさせて頂きました)
               
             2011年10月25日撮影
             


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

こうふ地旅

2011.10.26 12:22  投稿者:ぶどうおばさん

甲府市が主催する「こうふ地旅」の第5弾 『甲府市はワインの産地です!』 
に参加しました。
株式会社サドヤの自家農園のぶどう畑を見学した後ワインセラーを見学する
2時間の見学会です。


「サドヤ」は明治時代に油屋「佐渡屋」から「サドヤ洋酒店」に転業された会社
で大正時代にワインの醸造を始め、昭和になり酒折の丘の斜面に自家農園を
開墾しカベルネ・ソーヴィニヨンとセミヨンというワイン用の欧州種ぶどうの栽
培に成功され昭和14年には欧州種で醸造を開始されたという先駆的な歴史
を持つワイナリーです。



見学したぶどう畑は善光寺の北側の山の南向き斜面の石地岩地を開墾して作
ったという広大なぶどう畑です。この辺りは一面がぶどう畑です。畑の高台から
は眼下に甲府盆地が見渡せます。農場主の方からは、開墾が大変だった事や欧
州種のぶどうの栽培は試行錯誤だった事や天候は現在でもぶどうの出来に影響
を与えるので難しい、などのお話を伺いました。




栽培している人から話をお聞きすると、ぶどう作りに対する情熱や愛着や誇り
が伝わっ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

▲Page Top