TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > august 05 2009

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 20098 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

平和を考える

2009.08.05 15:30  投稿者:ぶどうおばさん

毎年8月になると、8月6日の広島•9日の長崎への原子爆弾投下の悲劇を思い起こし
平和への願いを新たにします。
戦争の悲惨さの極とも言える核爆弾の使用は世界の戦争史上初めて日本で試され甚大な
被害をもたらしました。
戦後64年が経ち、従軍◦空襲◦被ばく等の体験者も高齢になり、弱った体に鞭打ちなが
ら体験を口伝しておられる姿には心痛みます。
”戦争の記憶を風化させないように”という言葉は時折耳にしますが、第二次世界大戦
終結以降戦争が全く止んだわけではない戦後の歴史を考えると、”風化している”と思
える程安全な状況の中にはいないような気がします。


広島•長崎への原爆投下の悲劇は、被ばく者や被爆地にとって苦しい道のりの始まりを
意味したと同時に、世界各国に「これ程の威力の爆弾が存在するのならそれを手にいれ
たい」と思わせた点にあります。

第二次世界大戦後の米ソ冷戦時代には、核開発競争は加速度的にエスカレートし核実験
の回数や規模は悪魔的に増大しました。
   アメリカ  1945年〜2006年   
         ニュ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

▲Page Top