TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > april 22 2009

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 20094 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

昇仙峡 新緑!

2009.04.22 21:55  投稿者:ぶどうおばさん

秩父多摩甲斐国立公園の特別名勝に指定されている御岳昇仙峡。

豊富な水量でごう音を轟かせて流れ落ちる仙が滝。
僧覚円がその山頂で座禅を組んだという覚円峰。
そして、昇仙峡入口から滝上までの約4kmは、巨石•奇岩が点在する美しい渓谷。
御岳昇仙峡は環境省が平成20年に選定した「平成の名水百選」の1つでもあります。

毎年、昇仙峡には多くの人が訪れますが、特に新緑の季節◦紅葉の季節は山梨県でも
人気の観光地になっているようです。


ロープウェイでパノラマ台まで5分で行くと、南に富士山•西に南アルプス連峰や
甲斐駒ケ岳が一望出来、北には金峰山という360度の景観が広がります。
今日は昨日の雨が上がり、見渡す限り青空で、遠くの山々がくっきり見えました。

ロープウェイ乗り場から滝上までの通りには、水晶はじめ貴石のアクセサリーや
玉や置き物などを売る店や、そばや川魚など御岳特産の食材を使った料理を出す店
が続いています。
影絵の森美術館もバス停の隣りに有ります。


毎年ゴールデンウィークには昇仙峡は訪れる人々でかなり混雑するそうで、ロ...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

金桜神社

2009.04.22 21:26  投稿者:ぶどうおばさん

甲府市御岳町にある金桜神社(かなざくらじんじゃ)は、金峰山信仰の中心神社だそう
です。

鎌倉時代の建築であった本殿や左甚五郎の作と伝えられていた昇•降龍は、残念ながら
昭和30年の火災で焼失し、現在の朱塗りの社殿は昭和34年に再建したものだそうです。
昇り龍•降り龍は、昭和58年に奉納されたとのことです。
今日(22日)は、春の例大祭が行われていました。


空海が自筆の経文を奉納したり日蓮が経文を奉納したという言い伝えもあり、武田氏の
祈願所としても崇拝されて来た神社だそうです。
黄金色の花をつける御神木の「鬱金の桜」は金運をもたらす桜として知られています。

   (上の写真 金桜神社本殿
         左奥に薄黄色の花を付けて木の上部が拝観出来るのが鬱金の桜)
   (下の写真 昇り龍。 右手には対の降り龍が位置します)

                      2009年4月22日撮影


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

うこんの桜

2009.04.22 16:48  投稿者:ぶどうおばさん

甲府市の北部に位置する御岳昇仙峡よりもさらに北の山深い場所にある金桜神社。
そこにある「鬱金の桜」(うこんのさくら)が見頃を迎えています。
今日は五分咲きくらいでしょうか。
平地の桜がすっかり散った頃の4月下旬〜5月上旬の開花です。


金桜神社(かなざくらじんじゃ)の御神木「鬱金の桜」は、黄金色の花を咲かせる珍し
い桜です。この色から、「金のなる木」と言われ、金運をもたらすと言われています。
毎年開花の時期には、この黄金色の桜を一目見ようと多くの人が訪れるそうです。

花の色は黄緑がかった薄い黄色のように見えますが、一輪一輪は八重で大輪です。
満開の時はどれほどボリュームを持ち豊かな雰囲気を漂わせるのだろうかと想像します。


    (1枚目の写真 鬱金の桜と本殿)
    (2枚目の写真 鬱金の桜の全体)
    (3枚目の写真 鬱金の桜) 
               2009年4月22日撮影


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

▲Page Top