TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > november 07 2008

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 200811 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

印傳(いんでん)博物館

2008.11.07 21:07  投稿者:ぶどうおばさん

山梨県の特産品として、印伝(印傳)ーいんでんーがあります。

知ってる人は知っている、
知らない人は、「印伝って、何?」と問います。


『印伝』は、鹿革に漆で模様をつけたものです。
鹿革は、軽くて丈夫で加工し易く、革工芸は奈良時代に遡るのだそうです。
現在は、印伝の製品としては主なものにバッグ•財布•袋物などがあります。


「山梨の伝統工芸品らしいし、印伝のことをチョット知ってみよう」

という人には、甲府市街地にある『印傳博物館』をお薦めします。
『印傳博物館』は甲府市中央3丁目の印傅屋本店2階に在ります。
【印伝の歴史と文化】を見せてくれます。


印伝は、古くから山梨に伝えられた革工芸品で、名の由来は、”インデア”とも
”印度伝来”を短縮したものとも言われるようです。



その工法は、
  ◉なめした鹿革をタイコに貼り、ワラを炊いてその煙で燻(いぶ)し、
   黄褐色に染める。
            (上の写真は、いぶす工程。
               甲府印伝商工業協会様のHPからお借りしています)
  ◉次は、鹿革の上に...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

▲Page Top