TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > august 11 2008

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 20088 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

思い込み

2008.08.11 12:03  投稿者:ぶどうおばさん

私だけかも知れないが、どうも物事を、奥行きを考えずに見る傾向が
あるらしい。

10代の頃は、花火が球体だとは考えなかった。 (上の写真)

言われてみれば、当然、四方八方に均等に飛び散るハズだから、球体
なのだろう。


夜空の星座も、平板上でしか考えていなかった。

例えば、オリオン座の四角を構成しているベテルギウス〔左上の星〕は、
地球から500光年の距離にあり、リゲル〔右下の星〕は700光年の
距離だから、オリオン座は1枚の平板の上には無いのだ。 という事を、
中学時代でさえ知らなかった。   (下の写真)

地球から等距離の天のドームに、すべての星が張り付いていると、思って
いたのだ。
本当に無知も甚だしい。

どうも、自分にとって理解しやすい方向に、物事を見る傾向があるらしい。
奥行きのあるモノを、自分に見えている側面だけで判断する傾向が......。


だがもし奥行きを見続けたら、昇仙峡影絵美術館の絵のように、
鏡の中に鏡の世界があり、そのまた鏡には鏡の世界が映り...........と迷路に
まっしぐらだ。

そこまでややこ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

▲Page Top