TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > november 2015

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201511 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

笛吹権三郎伝説

2015.11.21 09:38  投稿者:ぶどうおばさん

民話と伝説の違いは、山梨むかしがたりの会代表 藤巻愛子さんによると

  民話....民間の説話。口伝で引き継がれてきた民間の昔話を昭和に入り
      聞き取り書き留めることが流行り、それが民話となった。
      「昔々、あるところに、おじいさんとおばあさんが。。。」という
      出だしの如く、いつ・どこで・だれが をはっきりとは特定していな
      い。   民話の定義に関しては様々ある。
  伝説....歴史上の事実ではないが、その地に語り継がれている話。
      「今から450年前、甲斐の国に、○○という娘がいて。。。」など
      いつ・どこで・だれが を示し、どうなったという結末を実在する
      建物や山や川や神社・寺の名前を出して説明する。
                           平成27年度 山梨学講座から

だそうですが、地域には色々な話が語り継がれてい...


>>続きを読む


この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

名木ツアー 6

2015.11.18 15:23  投稿者:ぶどうおばさん

「巨樹名木学習講座」第8回(最終回)は、身延町のケヤキとクスノキを訪れるツアーです。


 常葉日光社大ケヤキ  身延町  町指定天然記念物
    ときわにっこうしゃは2つの川の合流地点の岩盤上にあり、291年に
    創建された社は洪水で流出したと言われます。
    江戸時代に徳川家康を祀り日光社として再建されました。
    大ケヤキは幹囲3,5m、樹高16mで樹齢500年といわれ、隣に生
    えているほぼ同じ大きさのケヤキと根部分が接し繋がっているように見
    えるため夫婦ケヤキとも呼ばれます。 主幹は地上8m程で折れ失われ
    ていますが側枝を伸ばし樹勢は旺盛です。
    残った主幹の頂部は人の顔にも見えるコブ状で、幹を体とし腕を上げて
    仁王立ちしている人のようなインパクトの強い姿をしています。

 常葉諏訪神社大ケヤキ  身延町  町指定天然記念物
    1275年に信濃の諏訪大社から勧請し建てたといわれる神社の木々は
    植樹したものではなく自生したものだそうです。樹齢40...


>>続きを読む


この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

武田家の史跡ツアー

2015.11.05 10:48  投稿者:ぶどうおばさん

「武田家ゆかりの史跡ツアー」が昨日行われました。
山梨県生涯学習推進センター主催の今年度の山梨学講座「山梨の文化と歴史を武田信玄から学ぶ」の数回の座学に加えて行われた野外講座です。


県生涯学習推進センターは、富士山の成り立ちや信仰・山梨の国宝と文化財・エコパークに登録された南アルプスの動植物と地質・武田信玄の人物と合戦・森林に関して木材やシカや薬草・地域に残る伝統行事など、これまで山梨に関する多くのジャンルの講座を主催して来られ県内4カ所のサテライトスクールにも配信され、本会場は聴講者定員70名をオーバーする事もしばしばある人気の文化発信拠点となっています。


今回は初めての野外実習なので大型バス1台は満席で、参加者達の期待度は高まります。
行程は
       県庁
        ↓
       信玄堤
        ↓
       武田八幡宮
        ↓
       新府城跡
        ↓
       昼食(小作で かぼちゃほうとう)
        ↓
       躑躅ヶ崎館...


>>続きを読む


この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

名木ツアー 5

2015.11.02 17:02  投稿者:ぶどうおばさん

「巨樹名木学習講座」第6回は、富士吉田市と富士河口湖町の名木を訪れるツアーです。


 やどり木  富士河口湖町
    樹齢300余年のミズナラに数種類の植物が寄生しています。
    五葉松・コメツガ・ヒノキ・フジキ・ソヨゴ・ヨウラクツツジ・アセビ
    が親木のミズナラの枝に根を張り、それぞれ樹勢良く伸びています。
    場所は富岳風穴から徒歩5分の国道沿いで、車の排気ガスが少し心配さ
    れますが、辺りは富士山麓の冷気の中で早めの紅葉に染まっています。
    ミズナラの根元には落ち葉に混じってどんぐりもたくさん見られます。


 山ノ神のフジ  富士吉田市上暮地   国指定天然記念物
    山ノ神社境内にあるフジで、かつては根廻り1,9mあったそうですが
    近年樹勢が衰えているとの事で保護柵が作られています。
    裂けたり剥離して傷んだ部分を除き、残った幹と新しく伸びた若枝を育
    てて全体の回復に努めているとのことです。
    藤にはノダフジとヤマフジの二種類があるそうで、こちらのフ...


>>続きを読む


この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

名木ツアー 4

2015.11.01 13:34  投稿者:ぶどうおばさん

「巨樹名木学習講座」第5回は、山梨市と甲州市の名木を訪れるツアーです。


 北のクスノキ  山梨市北 市指定天然記念物
    辺りの景色の中にひときわ高く抜きん出てそびえるクスノキの大樹は、
    南樹と北樹の2本が個人のお宅の庭にあります。
    クスノキは温暖な地方によく育つそうで、山梨はクスノキの北限と言
    われます。樹齢300年余りというこちらのクスノキは南樹が約18m
    北樹が約16mの高さで枝は四方に伸び葉も青々と茂り、北限でありな
    がら樹勢は良好で見事です。
    クスノキは樟脳(防虫剤)の原料として使われる植物で、葉をこすり合
    わせると樟脳の香りがするそうですが、木の下に立つだけでは香りは感
    じません。 防虫剤になるクスノキを食害する虫もまたいるとお聞きし
    少し驚きました。


 小原東のザクロ  山梨市小原東  県指定天然記念物
    幹の太さ・樹勢からみて県内のザクロの巨樹として代表的なものだそう
    ですが、現状は主幹が根元から裂けており幹の...


>>続きを読む


この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

▲Page Top