TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > february 2015

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 20152 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

甘草屋敷のお雛様

2015.02.17 19:58  投稿者:ぶどうおばさん

第13回 甲州市 えんざん桃源郷
     「ひな飾りと桃の花まつり」 平成27年2/11~4/18
の最大のひな飾り展示会場である甘草屋敷で、お雛様が飾られています。


重要文化財旧高野家住宅(通称甘草屋敷)のひな飾りは古いものでは江戸時代享保・文化年間の頃に作られた由緒のあるお雛様から、新しいものでは大正昭和の時代の雛人形まで飾られ今年も絢爛豪華な雰囲気を漂わせています。
今年は飾り方を少し変えたとのことで、入口を入ると真正面に享保雛を始めとする江戸時代のお雛様がおられます。色あせてきた衣装や失われた付属品にも関わらずその存在感は健在です。
周りを彩るつるし飾りは年々増えています。


この甘草屋敷のお雛様の展示は観光バスのルートにもなっている人気のイベントで、少し暖かくなる3月はとても混み合うとの事です。
甘草屋敷は、JR塩山駅北口を出ると目の前に有ります。


   (1枚目の写真 つるし飾りと段飾り)
   (2枚目の写真 江戸時代のお雛様
             下から5段目の内裏雛が享保雛
      ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

伝統文化の祭典

2015.02.17 17:57  投稿者:ぶどうおばさん

山梨県内の伝統芸能が一堂に会して披露される「伝統文化の祭典」が2月15日に開催されました。これは第14回やまなし県民文化祭地域フェスティバルとして行われたものです。県内には各地域に小正月や神社の神事で奉納される踊り等独自の文化がありますが、今回は4つの伝統文化が紹介されました。

     一. 追分の人形芝居
     二. 一之瀬高橋の春駒
     三. 黒平の能三番
     四. 下福沢の七福神


演目の合い間に県立博物館の学芸員の方が、どこに伝わる芸能で踊りは何を表しているのか等解説して下さったり出演の団体の代表者のお話が有ったりで、より一層内容が分かり易く伝わってきました。


 追分の人形芝居
   笹子追分人形芝居の演目は本朝二十四考「奥庭狐火の段」で、先日の県立
   文学館での公演と違わずダイナミックで派手やかな迫真の舞台でした。

 一之瀬高橋の春駒
   甲州市に伝わる、小正月の道祖神祭りに奉納されて来た踊りです。馬に
   またがった姿(体の前後に竹と...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

笹子追分人形芝居公演

2015.02.02 11:46  投稿者:ぶどうおばさん

県立文学館で昨日、笹子追分人形による芝居が上演されました。
笹子追分人形は江戸時代初期に宿場町であった大月市笹子町に伝えられ旅人達の疲れを癒す娯楽として栄えてきた人形浄瑠璃です。
県内の他の地域にも人形浄瑠璃は伝わりましたが現在残っているのは笹子追分人形だけで、山梨県無形民俗文化財に指定されています。

江戸の3人使い(一体の人形を3人で操作する)を継ぐ点で全国でも数少ない人形浄瑠璃で、活動休止期を経て平成17年に復活し各地で公演を行って来られました。


今日の演目は
    三番叟
    本朝二十四孝 ~謙信館十種香(じっしこう)の段
              ~奥庭狐火の段           です。

  三番叟
    2体の人形が五穀豊穣を祈って軽快・活発に舞います。足拍子で地固め
    の動作を腕を大きく振って種まきの動作を表しているらしく軽妙でコミ
    カルな舞に会場は晴れやかな雰囲気に包まれます。

  本朝二十四孝  ~謙信館十種香の段、奥庭狐火の段
    天目山で自害した武田勝頼は実は影武...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

▲Page Top