TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > april 2014

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 20144 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

首都圏から90分の秘境 芦川

2014.04.29 15:56  投稿者:ぶどうおばさん

「山梨のチベット」とも言われる笛吹市芦川町は標高900mに位置する山間集落です。

笛吹市は平成17年に『桃・ぶどう日本一の郷』を宣言し、平地部は温泉郷・山麓部は集落、全体に果樹地帯の広がる地域です。芦川町は甲斐九筋(山梨から近隣の県に抜ける9つの道)の一つ若彦路にあたっているため、古民家や石垣のある特徴的な農村風景が広がっています。石和まで車で約30分・東京まで90分の場所にあり周囲は山で、林業の盛んな時代には木材で財をなした裕福な家が多かったため土蔵がそこここに建っています。その後養蚕に転じ一帯は兜造りの農家の中で蚕を育てました。絹糸が衰退した後は過疎化が進み限界集落に認定され、人口の半分は65歳以上となっているそうです。


地元の方々は空き家の茅葺き民家を修復し休憩所・食事処・カフェを作ったり、兜造りの家々と石垣をガイド付きで案内するサービスをしたり、季節に応じてイベントを企画して町おこしを頑張っておられます。
特産品はこんにゃく,ほうれん草,わさび,そば,ほうとうなどで里の駅あしがわには採りた...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

花見ツアー

2014.04.29 10:13  投稿者:ぶどうおばさん

笛吹市「春の花見バスツアー」に参加しました。 

    3月末~4月下旬までの間
       水芭蕉コース 藤垈の滝の水芭蕉と一宮町の花桃の観光園
       夜桜コース  八代ふるさと公園の夜桜
       Aコース   八代ふる)さと公園・里の駅いちのみやの桜と桃
       Bコース   八代ふるさと公園または御坂花鳥の里の桃畑
       Cコース   御坂路さくら公園と河口湖大石公園、ワイナリー
       Dコース   河口湖大石公園と芦川散策、ワイナリー

私が参加した4月27日(日)は、その中の最終のツアー日でした。日程は
 石和温泉駅→河口湖 大石公園→芦川散策→マルスワイナリー→石和温泉駅  です。



河口湖畔にある大石公園は、桜が終わりラベンダーまではしばらく間がある時期で、雄大な富士の姿は裾野まで見渡せました。 中腹より上は雪に覆われている山容・河口湖上に舟を浮かべて釣りを楽しむ人々・ピンクや黄色に彩られた花壇が、開放的な自然の中に美しく調和して見えました。

     ※芦川に...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

台北街歩き

2014.04.23 17:31  投稿者:ぶどうおばさん

市内の天后宮というところの祀りに偶然出合いました。大音響の太鼓と御囃子に合わせて龍が練り歩いたり3メートルほどの人型の人形が右に左に歩いたり紅白の獅子舞が踊ったりとカラフルで賑々しい行列を人々は通りに出て見守ります。
最後は宮の御本尊が宮に帰り着いて御囃子は祈りの声に変わりました。


龍山寺は老若男女の祈りの場で読経の声は途絶えることなく聞こえます。


西門町は若者の街で、原宿・渋谷のような街とのことなので訪れてみました。
MRTの西門駅を出ると古い赤レンガの八角形の建物が目につきます。西門紅楼と呼ばれる1908年に建てられた市場でこの建物付近には多くの路地が集中していてそれらの路地は店舗や屋台が密集しています。庶民的で雑然とした感じの通りや駅付近は確かに高校生や大学生はじめ若者でいっぱいです。通りには老舗の店もあれば若者の最新の流行を取り入れた一坪ほどの服飾店もあり雑多な雰囲気のなか衣・食の生活品はここで間に合いそうだと感じます。服飾の店の集まる通り・食事処の集まる通りなどあり、食事は安くて美味し...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

台湾街歩き・淡水

2014.04.23 16:39  投稿者:ぶどうおばさん

台湾ツアーに行って来ました。今回は一日観光等のコースには加わらず自由に歩いてみることにしました。


台北からMRTで40分の淡水は港町です。駅周辺には淡水河畔や淡水老街があり開放的で庶民的な雰囲気の中、屋台や店舗が軒を並べB級グルメや雑貨めぐりが楽しめます。映画やドラマのロケ地にもなっているようです。


海を一望する山の上には紅毛城という赤レンガの洋風建築があります。
台湾の歴史は幾度となく外国によって占領された歴史であり各地に統治時代の古跡が残されています。
紅毛城は17世紀に台湾北部を統治したスペイン人が1628年に建てた城が前身となりました。後にオランダ人が支配し(「紅毛」とは地元の人がオランダ人を呼んだ言葉)、1662年には鄭氏政権がオランダを駆逐し清朝に帰属、19世紀には英仏に敗れイギリスの領事館が置かれ、戦後オーストラリア大使館・アメリカ大使館が管理し1980年に台湾政府に返還されたという激動の歴史を経験してきました。
建物内部は、瀟洒な家具や調度品が置かれている部屋や牢獄として使われた狭...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

武田24将騎馬行列・続篇

2014.04.12 20:19  投稿者:ぶどうおばさん

武田24将騎馬行列についてもう少し紹介したいと思います。


  
  (1枚目の写真 信玄公と山本勘助役の方
           軍配を掲げて沿道の人々に応える信玄公
           甲府駅南口デパート前にて)
  (2枚目の写真 騎馬行列   甲府駅南口)
  (3枚目の写真 甲府駅南口交番前を通る行列)
         

               2014年4月12日撮影


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

武田24将騎馬行列

2014.04.12 19:42  投稿者:ぶどうおばさん

第43回信玄公祭りが先週行われ信玄公役の松平健さんが率いる甲州軍団が町を練り歩いた姿は勇壮で華麗で、まさに山梨の春の最大イベントでした。


今日4月12日は信玄公の命日で、武田神社例大祭に合わせて 「武田24将騎馬行列」 が催されました。
武田神社は武田信玄公を御祭神として祀る神社で、24将は信玄公の家臣の中の主だった武将24人のことを指しています。 武田家家老の飯富平部少輔・勝頼が落ち延びた先の小山田左兵衛尉・五名臣のひとり横田備中守・信玄公の補佐役甘利備前守・16歳から信玄に仕えた側近高坂弾正・信玄の異母弟一条右衛門大夫・信虎信玄親子二代に仕えた甘利備前守・信玄の次女を正妻に持つ穴山玄蕃頭・奥近習6人のひとり三枝勘解由、そして軍師山本勘助など武田軍の勝利を支えたメンバーです。
出発にあたり神主により祝詞が奏上され祈願が終了するといよいよ騎馬行列が始まります。行列の先頭は神社の宮司の方々、そして神輿が続き、馬に乗った24将と信玄公が登場します。この時期は観光客も多く神社の境...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

▲Page Top