TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > march 2014

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 20143 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

八田家書院の雛祭り

2014.03.09 18:35  投稿者:ぶどうおばさん

笛吹市石和にある八田家書院で雛祭りが開かれています。

  期間  平成26年2月14日(金)~4月7日(月)
        午前9時~午後4時
          ※ 毎週火曜休館
  場所  八田家書院
           

八田家は武田氏に仕え織田軍の兵火で家屋敷は焼失しましたが、徳川家康の庇護を受け三千四百坪の敷地を譲られ朱印状を頂き豪商として活躍しました。
御朱印屋敷は今は無く、1601年に造られた八田家書院だけが現存しています。簡素のようで計算された粋を感じさせる3つの和室は茅葺屋根をいただく一つの建物として統一された雰囲気を醸しています。

八田家書院の雛祭りは毎年行われ、八田家が所蔵していたお雛様や地元の名家が所蔵していたお雛様が展示されます。塩山の甘草屋敷のお雛様とはまた異なる美しさと落ち着きがあるように思います。


  (1枚目の写真 内裏雛
            上段は享保雛
            下段も江戸時代の内裏雛)
  (2枚目の写真 段飾りの調度品
            木製で...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

一蓮寺の絵画修復

2014.03.08 20:21  投稿者:ぶどうおばさん

甲府市にある一蓮寺所蔵の絹本や紙本絵画4件は、平成24年度から3年計画で修復事業が進められています。

   絹本著色釈迦三尊十八羅漢図(国指定重要文化財)
   絹本著色柳沢吉保像    (県指定文化財)
   紙本著色渡唐天神像    (県指定文化財)
   絹本著色阿弥陀三尊来迎図 (市指定文化財)

の4件のうち釈迦三尊十八羅漢図以外の3件の修復が終了したということで今日、一蓮寺にてお披露目の報告会がありました。市の教育委員会の担当者や県立美術館学芸員の方が、4件の絵画の修復過程や文化財的な価値をスライドで解説して下さり、3件の絵画の実物も拝見しました。



一蓮寺は甲斐源氏一条氏を弔うため一条小山(今は甲府城が在る場所)に造られた時宗の寺院で、武田氏滅亡後現在の場所(太田町)に移転されました。

一蓮寺には国指定重要文化財(上記のもの)一点をはじめ貴重な文化財がありますが劣化が進んでいるため国・県・市と東日本鉄道文化財団が支援し今回の修復事業に至ったとのことです。



絵画の修復は、紙や絹布についたシワを目...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

▲Page Top