TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > june 2013

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 20136 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

36枚一堂に

2013.06.21 12:28  投稿者:ぶどうおばさん

「北斎の冨嶽三十六景展」が開催されています。
    6月15日(土)~7月8日(月)
    山梨県立博物館   (火曜休館)

江戸時代の人気絵師葛飾北斎が天保元年~5年頃(1830~34年頃)にかけて制作した「冨嶽三十六景」は、江戸・東海道・信州・甲州から見た富士山の様子を、人々の暮らしや景色を交えてさまざまな季節で描いた版画(彫師が版木を彫り摺師が紙に摺って出版)です。
県立博物館では三十六枚を全て収蔵していますが、常設展で公開されるのは一部でした。



今回は、三十六景以降に追加制作された十枚も含め計四十六枚が展示されています。
冨嶽三十六景では
    荒波の合間に見える富士を描いた「神奈川冲浪裏」
    「赤富士」の別名で知られる「凱風快晴」
    中腹にカミナリが描かれている「山下白雨」   
など有名な作品の他、山梨県側から見た富士山を描いた作品6枚も含まれています。


平成25年度やまなし再発見講座「富士山を語る」(平成25年6/6~6/27の全4回)の2回目で講師の堀内氏は、
    江戸時代...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

甲府駅そばでホタル鑑賞

2013.06.11 20:31  投稿者:ぶどうおばさん

甲府駅北口から5分で蛍鑑賞、という言葉に誘われて
  第5回 藤川ほたる祭り
       ほたるとワインとギターの夕べ
          6月9日(日) 夕方6時~9時
          サドヤ前広場 
                           に行ってみました。
暗くなるまでの時間は皆思い思いに過ごします。クラシックギターやピアニカのライブを観たり、露店で販売しているフジザクラポークのステーキやウインナ・焼きそば・フランクフルトを頬ばったりワインを味わったり。

ライブが終わる8時前頃から蛍が見え始めました。
ここは甲府駅北口から徒歩5分の場所。何年かぶりに見た蛍は、草の茂みでフワ~ッと光ったり、ス~ッと光の線を描いて飛んだりしています。(後で調べたところどうやらゲンジボタルのようです。ヘイケボタルの特徴と言われる短く点滅する光り方ではないように思うので)。 8匹ほど確認したでしょうか。
このイベントを企画された方たちは藤川の清掃をしたり幼虫を守る環境を整えたりされていると聞きました。
こ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

竹中英太郎記念館 特別展

2013.06.03 14:24  投稿者:ぶどうおばさん

昭和初期に江戸川乱歩や横溝正史の怪奇小説や探偵小説の挿絵を描き一世を風靡した竹中英太郎さんと、長男でルポライターの労さんの二人が共作した作品を一堂に展示する特別展が開かれています。

  竹中英太郎・労「父子展」
     竹中英太郎記念館 
     平成25年4月11日~7月15日(火・水休館)


竹中英太郎さんは数多くの雑誌や小説の挿絵に幻想的で妖艶な女性やこの世のものとも思えない超常の図柄を描き今で言う超売れっ子イラストレーターの地位を築かれましたが、昭和35年に筆を折り満州に渡りました。
絵をやめられた理由について、高収入で享楽的な生活を送ることに疑問を感じ本来の自分に戻ろうを決めたためのようです、と記念館の館長さん(英太郎氏の次女のかた)はお話されていました。
長男の労さんは新聞社勤務の後、労働運動に加わりながら社会の底辺で生きる人々のためにルポライターとして活躍されました。多くの著書の他、映画やレコード制作も手がけ作画を英太郎さんに依頼し、その事がきっかけで英太郎さんは32年ぶりに再び絵を...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

さつき展

2013.06.01 17:41  投稿者:ぶどうおばさん

第5回「季節のさつきと盆栽と山野草展」が甲府市総合市民会館にて5/30~6/2(日)に開催されています。


今年は春に低温・高温という不安定な異常気象が続きましたが、会場に展示された作品はどれも生き生きと、さつきは花色も鮮やかにカエデや松などの葉物は若い緑の色も美しく今を盛りと魅力的にたたずんでいます。
凝った枝ぶり、ぎっしりと付いた花や蕾、さつきの種類も数多く有る事に驚かされます。
山野草の盆栽もあります。


盆栽を育てるには肥料やり・病虫害の消毒・土の管理・植え替えなどが必要だそうで、会員の方々が手間をかけ愛情をかけ世話をされた結果の見事な姿なのだろうと想像します。
樹齢何十年かの木も1個の鉢におさまっていて、時間も空間も完結しているようでいて生きていて進行形。そこが盆栽の不思議さであり魅力なのではないかと思います。


  (写真は全て 「季節のさつきと盆栽と山野草展」会場にて)
              2013年6月1日撮影


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

▲Page Top