TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > september 2011

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 20119 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

山梨造形美術展

2011.09.18 16:51  投稿者:ぶどうおばさん

山梨県立美術館の県民ギャラリーで今日から
  第56回山梨造形美術展 が開催されています。
山梨造形美術会会員の作品と一般公募の入選作を展示しています。



山梨造形美術会は第1回の美術展を昭和29年に中込百貨店(旧西武があった場所に西武以前にあった百貨店)で開いたのが始まりで、50数年の間山梨県の文化向上を希求し努力を続けてこられ現在はプロ・アマチュアを含め会員160人程からなる大きな美術同好会となっています。

彫刻(木、塑像)・工芸(陶芸、漆芸、鎌倉彫、染色、ステンドグラス、革工芸他)・絵画(油絵、日本画、水彩画)・版画、デザインなどの総合的な美術作品が展示されています。



 第56回山梨造形美術展
     平成23年 9月18日(日)~9月24日(土)
      ※19日は月曜日ですが祝日なので開館。20日(火)は休館。
     山梨県立美術館 県民ギャラリーAB  無料


   (1枚目の作品 山梨造形美術展 彫刻、油彩)
   (2枚目の写真 日本画、陶芸)
   (3枚目の写真 染色)
       ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

地元のツアー

2011.09.14 21:01  投稿者:ぶどうおばさん

やまなし観光推進機構(甲府駅南口徒歩3分)には県内の観光地の案内や地図
と共に、やまなし観光推進機構が販売している地元ツアーのチラシも置いてあり
ます。猛暑の夏がやっと終わりを迎え出歩くのに適した秋がやってきます。


複数の地元ツアーの中からいくつかを紹介したいと思います。

 第3回「住職と巡る甲斐西八代七福神」
      平成23年10月1日(土)  ¥3500
      甲府駅→みたまの湯→光願寺→不動院→福寿院→宝寿院→薬王寺(座禅
      )→道の駅とよとみ→甲府駅
 第3回「地元ガイドと歩く、紅葉の荒倉山ハイキング」
      平成23年11月5日(土)   ¥1000
      午頭島公園→竜珠院→平川峠→荒倉山山頂→円池→宗泉院→午頭島公園
 第4回 甲斐武田家発祥の地を歩く
    「願成寺~武田八幡宮~白山城跡」 
      平成23年11月12日(土)  ¥1500
      願成寺→武田八幡宮→白山城跡→願成寺(法話・座禅・阿弥陀三尊像
      特別拝観)
 「信仰と神秘の山 苗...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

切り絵講習会

2011.09.14 20:18  投稿者:ぶどうおばさん

県内では初心者を対象にした講習会が時々開かれています。
美術館で行われるシルクスクリーンや版画やデッサン、公民館で行
われる切り絵や絵手紙やペン習字、そして琴や三味線の一日体験等
さまざまな講習会があります。


切り絵の講習会に参加しました。
その手順や工程に関心があって御指導頂きました。

黒い紙に刃の細いカッターで切り込みを入れ輪郭となる線を残します。
切り絵の魅力は白地と黒い線で作る白黒だけの対比の美しさもありま
すが、色紙で裏うちしカラフルに仕上げる作品も多いようです。

カッターで思い通りに曲線を描けなかったり、うっかり切りすぎてし
まったりと、慣れや練習が必要そうですが、スプレーのりの便利さを
知ったり配色によって作品の雰囲気が随分違ってくる事を学びました。


   (1枚目の写真 黒い輪郭線を残すように余分な部分を切り取ります。
           今日のお手本は滝平二郎氏の作品です。
            切り絵作家で木版画家である滝平二郎氏は1970~
            1977年に朝日新聞の日曜...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

▲Page Top