TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > may 2011

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 20115 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

さつき盆栽展

2011.05.28 21:48  投稿者:ぶどうおばさん

第三回「季節のさつきと盆栽と山野草展」が甲府市総合市民会館で昨日から
開催されています。


さつき(皐月)とつつじ(躑躅)はツツジ科の植物ですが、さつきは高度に
園芸用に品種改良され色や花形のバリエーションも多く品種も豊富になって
いるそうです。今の時期さつきの花は見頃を迎え各処で盆栽展が開かれてい
ます。


今日拝見した盆栽展は、さつき•松•欅•いちょう•かえで•もみじ•雑木の寄せ
植え•柏 が花色や葉の緑も鮮やかに手入れの行き届いた造形の美しさを見せ
ているのが印象的でした。樹齢40年以上というさつきは、なだらかに流れ
落ちる枝に付いた花々と緑の新葉の対比が生き生きと美しく隙間からのぞく
太い幹が安定感と重厚さを想わせます。


さつきとつつじの区別は未だに私は良く分からないのですが主に開花時期が
早いほうがつつじ、遅いのがさつきということのようです。
大まかに違いをあげると
   ◆つつじ(躑躅)
      4月〜5月中旬開花
      俳句の季語は春
      ほとんどが原種で品種は多くない
      新...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

石和七福神のうち2カ所

2011.05.03 21:43  投稿者:ぶどうおばさん

石和町内の七福神を巡るツアーは去年3ヶ月実施されていたものと今年1〜3月に
実施されていたものはありますが現在は観光会社主催のツアーはなさそうです。

石和温泉駅の観光案内所に「石和温泉七福神霊場 夢かなうしあわせ探検 七福神
まいり」というパンフレットがあったので、それを参考に駅に比較的近い二カ所を
訪れてみました。

 (1枚目の写真 福禄寿尊(ふくろくじゅそん)
           佛陀禅寺)
 (2枚目の写真 大黒天(だいこくてん)
           遠妙寺)
   これらの寺はモンデ酒造の近くです。
             2011年5月3日撮影
            
         


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

八田家書院の端午の節句

2011.05.03 20:33  投稿者:ぶどうおばさん

石和町の八田家書院で端午の節句(5月5日)頃は人形が展示されています。

武田家に仕えた八田氏は石和町の豪族で八田家御朱印屋敷に住んでいましたが武田家
滅亡の際邸宅は焼失し、現在は別棟の書院が県指定有形文化財として残り、屋敷跡は
史跡となっています。書院は茅葺き入母屋造り、奥の間◦中の間◦三の間からなる簡素•
風雅な趣きをもつ江戸初期の建物です。



毎年2月中旬〜4月中旬は「ひな祭り」が行われていますが、5月には端午の節句の
人形が飾られます。
男子の成長を祝い健康を祈って、鎧•兜•武者人形•金太郎や弁慶を模した五月人形を
菖蒲(尚武の読みにちなんで)◦ちまき◦柏餅を供えて飾ります。


係員の女性のお話によると「中国の戦国時代の詩人が川に身を投げた時、弟子が亡骸
を魚が食べないよう魚の餌にするため川に投げ入れたものがちまきの由来のようです」
ということでした。柏餅は日本独自のもののようです。


展示されている鎧•兜は明治時代のもの、武者人形は昭和初期、五月人形は昭和中期
などですが保存状態が良くそれぞれ武者の猛々しさや元...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

▲Page Top