TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > march 2011

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 20113 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

「はやぶさ」不屈の精神

2011.03.16 19:29  投稿者:ぶどうおばさん

甲府市総合市民会館で
   ”小惑星探査機「はやぶさ」帰還カプセル特別展” 
が3月12日〜16日に開かれました。


小惑星『イトカワ』に到達着陸し表面の物質を採取して地球に持ち帰った探査機
「はやぶさ」の背面ヒートシールド•搭載電子機器•イトカワのサンプルを入れた
円筒やアンテナやパラシュートを収めた器本体•パラシュート(すべて宇宙から
帰還した実物)が展示されていました。



「はやぶさ」は2003年5月にMVロケットで打ち上げられ惑星の誕生時の様子を
留めている小惑星『イトカワ』に行き微粒子を採取し7年の歳月をかけ約60億キロ
の旅をして地球に戻って来ました。


月以外の天体に着陸した探査機が地球に帰還するという世界初の偉業はテレビのドキ
ュメンタリーで放送され、前例が無いことに挑戦するゆえに次々と起きたトラブルを
プロジェクトチームの技術者の方々が日本の宇宙技術の英知を尽くして忍耐強く情熱
を持って乗り越えてこられた様子が映し出されました。

採取用の弾丸が発射されなかった事、燃料漏れやエンジン停止、地球との交信不能...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

内裏雛の飾り寿司

2011.03.03 20:33  投稿者:ぶどうおばさん

今日3月3日、飾り寿司を作る料理講習会に参加しました。
講師は仲澤早苗さんともう一人女性の方です。

メニューは  二色びな
       パンダの巻き寿司
       サクラの巻き寿司     です。


 二色びな
   マッシュポテト+青のりで男雛、マッシュポテト+タラコ振りかけで女雛、
   チーズで顔を作ります。器に盛った寿司御飯の上に内裏雛を乗せ炒り卵と
   イクラで飾ります。彩りも鮮やかで男雛女雛も可愛らしいです。
   5人で1つのグループになり作業したので手際よく出来上がり、仕上げは
   上々です。

 パンダの巻き寿司
   白い寿司御飯の一部をピンクのそぼろとゴマでピンクと黒に色分けし鼻用
   には野沢菜をそれぞれのりで巻いておき、最後に長いのりで白御飯と一緒
   に巻きます。切って盛りつける際に耳をつけ、目はごぼう漬けで作ります。
   切り口を絵にするこういった『飾り巻きずし』は、最後に一緒にして巻く
   際のパーツの位置関係がポイントで、のりで半巻きにしたピンク色の口の
   位置と向きを...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

八田家書院のひな祭り•続篇

2011.03.01 20:40  投稿者:ぶどうおばさん

旧暦で明治5年12月3日だった日が新暦の明治6年1月1日と定められて以来
ひな祭りは多くの地域で3月3日に行われています。一部の地域では4月3日に
行い桃の節句として祝っています。山梨では4月3日に行う家もあるので2月〜
4月半ばまでお雛様を見て楽しむことができます。



『八田家書院でひな祭り』では雅びな段飾りの他に少し異色のお雛様も飾られて
います。

 芥子雛(けしびな)
     享保年間にぜいたく禁止令が出され大型の雛人形が規制されたため
     10センチ以下の極小の雛人形が流行しました。芥子粒のように小
     さい、という意味で芥子雛と呼ばれました。

 猩猩(しょうじょう)
     体は猿に似て顔は人間、声は小児の声、人語を理解する無邪気で可憐
     な姿の伝説上の生き物。能の「猩々」では赤い顔赤い髪の酒好きな水
     の精として猩々が登場するそうです。 

 押し絵雛
     錦絵を基にして型に切った厚紙に綿を入れて布で覆い厚みを持たせて
     作られた雛人形。江戸時代後期には全国各地で作...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

▲Page Top