TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > january 2010

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 20101 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

石和温泉の日

2010.01.30 22:22  投稿者:ぶどうおばさん

石和温泉観光協会は1(い)3(さ)0(わ)にちなみ1月30日を「いさわ温泉の
日」と定めたそうで、今日その1回目のイベントが開催されました。
場所はいさわ温泉観光の駅「石和源泉足湯ひろば」です。

イベントの内容は
  •源泉料理ーー 温泉たまご、温泉ほうとう(温泉でゆでたほうとう)
  •山梨グルメーー富士桜ポーク、地元産日本酒やワイン、甲府鳥もつ煮、オリジ
          ナルスィーツ、他には干しぶどう入りぶどう餅の無料配布
  •スタンプラリー
  •石和芸妓衆やコンパニオン団体協議会による舞踊やお囃子、獅子舞、三味線
    などのパフォーマンス                   でした。


石和温泉郷は近年不景気の影響で宿泊客が減少しているとのことで、来年が温泉湧出
50周年にあたるので「原点に帰って温泉の素晴らしさを伝えよう」と今回企画した
のだそうです。

訪れている人々は観光客というより近隣の家族連れが多く、観光客増加に直結するかは
疑問のように思いますが石和温泉に親し...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

七福神ツアー

2010.01.30 21:37  投稿者:ぶどうおばさん

(社)やまなし観光推進機構が管轄する「やまなし旅センター」が販売しているツアー
の中に『石和七福神まいりと甲州ワインワイナリー巡り』があります。


コースは2つあり、午前がAコース、午後がBコースです。
所要時間は2時間半〜3時間で料金は各2000円。
 Aコース
  遠妙寺(大黒天)→恵法寺(毘沙門天)→大蔵経寺(寿老尊)→シャトー酒折
  ワイナリー 
 Bコース
  常徳寺(恵比寿神)→常在寺(布袋尊)→蓮朝寺(弁財天)→佛陀禅寺(福禄
  寿尊)→モンデ酒造


A•B両コースを廻ると七福神全部を見られ、ワイナリーではスタッフの案内付きだ
そうです。このツアーに興味は有ったのですが石造りの七福神が近年作成のものの
ように見えて未だ参加はしませんでした。今日偶然七福神の一つ大黒天がある遠妙寺
を訪れました。甲斐百八札所の一つで日蓮上人が弟子と共に1274年に草庵を結んだ
のが始まりとされる日蓮宗の寺です。
笛吹川の鵜飼の祖•鵜飼勘作(うかいかんさく)の供養の寺として知られ石和温泉の
夏の風物詩である鵜飼は鵜飼勘作の伝説...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

八田家書院

2010.01.30 21:05  投稿者:ぶどうおばさん

笛吹市石和町にある八田家書院は、武田家の家臣だった八田氏が後に徳川家康から庇護
を受けて1601年に造った建物だといわれています。
この書院は「簡素な造りだが高雅な趣味をさりげなく取り入れ独特の統一された空間を
作っている」(院内の説明書より)とのことです。


身分の高い人を通したという奥の間には北西に張り出している床の間がありその西脇
には付け書院があります。背面の障子と木の雨戸を開けると陽射しが明るく注ぎ文机
に変貌するというもので、不要な設備を省き簡素化するという究極のシンプルさが粋
で洗練された文化を感じさせます。
江戸時代初期の在地の書院としては全国的にも例が少なく貴重だとのことです。


八田家書院は御朱印公園の広い敷地の中にあり、門や書院や庭園などを総称して八田家
御朱印屋敷と呼ぶそうです。
書院では毎年春に「ひな飾り」が公開され江戸時代から昭和にかけてのお雛様が見られ
るそうです。  (今日はまだ展示されていません)

    (1枚目の写真 八田家書院
              山梨県指定文化財)
   ...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

大井俣窪八幡神社•続篇

2010.01.24 21:18  投稿者:ぶどうおばさん

大井俣窪八幡神社には数棟の社殿があります。

 (1枚目の写真 武内大神本殿
          1500年再建。山梨県の本殿建築の代表作。重要文化財)
 (2枚目の写真 末社高良神社本殿
          1500年再建。室町時代後期の手法を示す建物。重要文化財)
 (3枚目の写真 大井俣神社(窪八幡神社)鳥居
          1540年建立。木造鳥居としては現存する最古のものとの事。
          重要文化財)
               2010年1月24日撮影
 
春と夏に山梨交通が運行している「風林火山号」バスは武田氏ゆかりの観光スポットを巡るバスで、

 湯村温泉ーー武田神社ーー甲府駅ーー石和温泉街ーー万力公園ーー窪八幡神社ーー
 恵林寺ーー塩山駅   を経由します。

1日券が500円で、どこで降りても乗ってもその券が有効です。去年乗ってみましたが窪八幡神社では下車しなかったので、この神社を知りませんでした。
境内には桜の古木もあるので春には春の美しさに出会えるかも知れません。


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

大井俣窪八幡神社

2010.01.24 19:08  投稿者:ぶどうおばさん

昨日見た根津記念館の新春特別展「武田信玄と山梨市」に展示されていた木造狛犬は窪八幡神社所蔵と記載されていたので、興味があり訪れてみました。
場所は山梨市北という所。
訪れてみて驚きました。いくつもの社殿が建ち並んでいます。ほとんどが室町時代の建物。しかも国の重要文化財や県の有形文化財ばかり。


窪八幡神社は大井俣窪八幡神社(おおいまたくぼはちまんじんじゃ)といい859年に清和天皇の勅願により創立されたと伝えられています。本殿は1410年に武田信満が再建したといわれ、1557年には武田信玄が本殿の扉の正面大部分に金箔装飾をほどこさせ信玄の父信虎が造立(1534年に)しておいた拝殿も1557年に再建したのだそうです。



石造りの狛犬の間の石段を上るとまず拝殿が目に入ります。横に長い大きな造りです。屋根は一重切妻造りの檜皮葺(ひわだぶき)だそうです。ひわだぶきはヒノキの樹皮を用いる日本古来からの伝統的な屋根工法で、ヒノキの樹皮は油分が多く耐水性に優れ軽いことから神社仏閣などに施工されているとのことです。
現...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

清白寺•続篇

2010.01.24 17:51  投稿者:ぶどうおばさん

清白寺にある仏殿以外の建造物を紹介します。

 (1枚目の写真 庫裏
     1689〜1693年に再建された。庫裏とは寺院の僧侶の居住する場所
     のことで台所を兼ねる場合もある。
     屋根部分は雄大、壁面は闊達で華やかな様相を持つ。国の重要文化財)

 (2枚目の写真 本堂
     1693〜1713年に建立。屋根は入母屋造りで県内の方丈型本堂の17
     世紀末の形式を知るうえで貴重。屋根はもとは茅葺きで後に桟瓦葺きに葺き
     替えられた。市有形文化財)

 (3枚目の写真 三門(鐘楼門)
     鐘楼門の奥に少し見えるのは総門。
     禅宗の寺院は、総門ー放生池ー三門(鐘楼門)ー仏殿ー本堂 が一直線に
     並ぶのが基本形式とのこと)


           2010年1月24日撮影


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

国宝 清白寺仏殿

2010.01.24 16:35  投稿者:ぶどうおばさん

山梨県内にある国宝の建造物は2つだけだそうです。
1つは甲州市勝沼町にある大善寺本堂、そしてもう1つは山梨市三カ所にある清白寺
の仏殿とのことです。
訪れてみました。


清白寺は、足利尊氏が1333年に創立したと伝えられる臨済宗の寺です。
梅の木が両側に並ぶ百メートル程の参道を行き門をくぐり、さらに鐘楼を抜けると
仏殿に至ります。
国宝の仏殿は1415年の建立で禅宗建築の古い様式を持つ代表的遺構で「方三間
裳階付仏殿」の典型例とのことです。鎌倉•室町時代は貴族や武士の信仰を得て各地
に禅宗寺院が創立されたようですが、現存する遺構のうち室町時代まで遡るものは少
なく禅宗仏殿の古い様式を伝える例として価値の高いものだそうです。
建てられてから六百年程のあいだ風雨にさらされて来た結果の落ち着いた外観なので
しょうか、芯のある穏やかな焦茶色とでも言えるような色合いで観る者を惹き付ける
美しさを持っていました。


仏殿の裏には本堂が、そして本堂右手には庫裏があります。
本堂も庫裏も17世紀に再建されたり建立されました。三百年程の時...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

根津記念館 企画展

2010.01.23 20:50  投稿者:ぶどうおばさん

梅の花にはまだ早く、ひな祭りにも少し早め、新緑も紅葉も無いこの時期、
根津記念館で先週から始まっている「武田信玄と山梨市」展を見に行きました。

根津記念館は、山梨市出身で『鉄道王』と称された根津嘉一郎氏の邸宅を復原
したものです。


静謐なたたずまいの和風庭園にある「大磯の松」は青空を背景に生き生きとした
緑が映え、池と美しい調和を見せてくれます。
迎賓館の機能を有していたという「青山荘」から広々と見渡せるこの庭園は、日本
文化を愛してやまなかったという根津嘉一郎翁の審美眼の鋭さや財力を示して余り
有るように見えます。


昭和8年に竣工したという「旧主屋」は国登録有形文化財で、かっては地主として
執務する場でもあり居宅でもあったそうです。
時代の経過を感じさせる木材の深い茶色は、緑の葉が無いこの時期だからか味わい
があって美しく見えました。



企画展「武田信玄と山梨市」は、木造の狛犬六躯や木造の地蔵像や板に描かれた
歌仙図などが展示されていて興味深く拝見しました。

  木造狛犬
    山梨市の大井俣窪八幡神社(通称 窪八幡...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

横浜中華街

2010.01.17 22:43  投稿者:ぶどうおばさん

川崎大師の帰りに横浜中華街に寄りました。

中華街の混雑ぶりにはいつも驚きます。常時多くの人が訪れています。
観光客やカップルや家族連れや友人同士、外国からの方々も。

中華街に来れば本格的な中華料理が食べられる•他処より美味しいものが食べられる•
専門的な食材が買える•見て歩くだけでも楽しい、そんな魅力があるからでしょうか。



今日私はツアーで行ったのですが、遅ればせの初詣ツアーにもかかわらずほぼ満員
でした。ツアーはその時期に合ったものであること、需要に応えるものであること、
料金がリーズナブルであること、恒常的な人気スポットを含むこと、これらが満た
されると集客力を発揮するように思います。


   (1枚目の写真 善隣門)
   (2枚目の写真 肉まん店の店頭)
   (3枚目の写真 関帝廟 
            三国時代の武将関羽を祀る廟。明治6年初代の廟が創られ
            関東大震災、第二次世界大戦、その後の火事で焼失したた
            め1990年第四代として現在の建物が造られたそうで...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

遅ればせながら初詣

2010.01.17 21:47  投稿者:ぶどうおばさん

1月も半ば過ぎた今日、遅ればせながら初詣に行きました。
行き先は昨年と同じく川崎大師。

正月はとうに過ぎ去ったというのに真っ青な空と穏やかな天気に恵まれたことも
あってか、参道も川崎大師の境内もかなりの人混みでした。


大本堂で折りしも護摩供が始まり、力強い読経の声が聞こえ護摩供でたかれる炎と
共に周りの空気を凛と張りつめたものに変えてゆきます。
一年の無病息災を祈りました。


川崎大師平間寺は”厄除けのお大師さま”として知られ正月三が日の参拝客数は全国
でもトップクラスに位置しているようです。
   2009年の正月三が日参拝客数
       ①明治神宮
       ②成田山新勝寺
       ③川崎大師
       ④伏見稲荷(京都)
       ⑤熱田神宮(名古屋市)     の順だそうです。
今年はどのような結果が出ているのでしょう。



景気が悪い時ほど宝くじの売れ行きが良いと聞きますが、私自身も御守りを買ったり
おみくじをひいたりでかなり神仏頼みです。
不安定な世相と経済不安が改善されることを願うばかりです。

...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

スーパーのPB(プライベートブランド)

2010.01.14 20:09  投稿者:ぶどうおばさん

昨日(13日)の夕方6:16〜のTV 番組「YBSワイドニュース」の中で
インバウンド観光講座の先生方のお一人だった駒沢大学の青木教授が県内の
スーパー「いちやまマート」のPB(プライベートブランド)とそのアンテナ
ショップ「美味安心」中目黒店を紹介しておられました。

今日近所の「いちやまマート」に行くと、早速そのビデオが店内の売り場で放映
されていました。



「美味安心」は株式会社いちやまマートが、
        原材料を指定し県内外の食品製造会社に委託して化学調味料•
        合成着色料•合成保存料無添加の商品を製造するプライベート
        ブランド。商品は通常品に比べ1割程度高価だが高品質を心が
        けた類似品の中では低価格。商品はいちやまマート各店の他
        全国のスーパー33社で販売している。
「美味安心」中目黒店はギョーザ◦シューマイ◦調味料◦菓子など約160種の
        いちやまマートPBのみを取り扱う専門店。
     (いちやまのHPから引用...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:食事ショッピング

甲府検定

2010.01.11 12:24  投稿者:ぶどうおばさん

山梨学院大法学部に学ぶ中国人留学生4人が出題し甲府に対する物知り度を測る
第2回「甲府検定」がインターネット上で2009年12月8日〜2010年1月7日
まで実施されていました。

今回は第1回の応募総数の2倍以上の件数の応募があったそうです。
初級•中級があり各20問で1月8日から解答と解説が発表されています。合格
ラインは全体の正答率を見て決めるとのことです。
興味が有ったので私も問題に取り組み応募してみました。問題の一部を紹介させ
て頂くと、

初級問題
 Q1 甲府市の鳥は何。
    Aハト  Bカワセミ Cカモメ
 Q3 景勝地、昇仙峡。どの国立公園に含まれる。
    A南アルプス国立公園 B富士箱根伊豆国立公園 C秩父多摩甲斐国立公園
 Q5 古代の甲府•酒折付近で交わされたとされるヤマトタケルと老人の会話
    から生まれたとされる日本文学の形態は何。
    A連歌 B短歌 C俳句
 Q8 甲府の善光寺。金堂の天井画として描かれているのは何。
    A天の川 B龍 C薬師如来
 Q11...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

図書館を身近に

2010.01.06 09:38  投稿者:ぶどうおばさん

山梨県立図書館にて、調べた事柄を発表するポスター形式の壁新聞の展示が昨日から
行われています。


     図書館利用で知る楽しさを発表してみませんか
      〜my 図書館「楽(がく)」へのお誘い〜
        郷土の歴史や自然環境と人間の
        関係など図書館を使って調べた
        成果をポスターで発表しています!
      展示期間 平成22年1月5日(火)〜20日(水)


玄関を入ると、上のように書かれた案内板を目にします。
展示されている作品は、個人による発表やことぶき勧学院に学ぶグループによる発表
など様々で、テーマも
     「日本各地の民話と山梨」
     「熊王徳平の世界」
     「限界集落黒平町の民俗の現状」
     「昇仙峡新聞ーーー観光立県を目指して」
     「放射線ってなんだろう」
     「イノシシはなぜデパートに突進したか」

など多岐に渡っています。各自が図書館で調べた内容を絵や写真を組み入れて壁新聞
形式にした作品は、それぞれの努力が表れて興...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

観光推進機構TVニュース

2010.01.06 08:59  投稿者:ぶどうおばさん

昨日(5日)夕方6:10〜のNHKの番組「まるごと山梨」で『やまなし観光推進
機構』の代表の方への年頭インタビューが放送されていました。


『やまなし観光推進機構』は2009年4月に県内の3つの組織(山梨県観光物産
連盟•県大型観光キャンペーン推進協議会•やまなしインバウンド観光推進機構)を
統合して着地型のツアーを企画実践することを目的に発足した機構です。
インタビューでは、これまでの経緯やこれからの抱負を語っておられました。

  ◉発足してから現在までにネット上の【こだわり山梨】で販売したツアーには
   約450名の参加客があった
  ◉国内の観光客数が伸び悩む中、外国人観光客を確保することは大事で現在注目
   しているのは中国人観光客である
   富士山だけでなく温泉やフルーツ狩りにも人気がある
  ◉日本橋のアンテナショップは周知度が高まって来ている
  ◉山梨県のキャラクター『ひし丸』は山梨県産品を国内外に宣伝する際に覚えて
   もらい易い存在になるだろう
  ◉さらなる集客を目指して今年も頑張ってゆ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

▲Page Top