TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > october 2009

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 200910 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

ワイン新酒まつり

2009.10.24 20:35  投稿者:ぶどうおばさん

今日10/24(土)と明日10/25(日)の2日間、
「ベルフォーレ新酒まつり」が甲斐市のシャトレーゼベルフォーレワイナリーで
開かれています。
 ◆新酒ワインの試飲と販売◆限定チーズ•ケーキの試食と販売◆お楽しみ抽選会
 ◆露天コーナー   の他、
時刻によって催される ◆ぶどう飛ばし大会◆ぶどう踏み体験◆バンド演奏 
などがあります。


シャトレーゼベルフォーレワイナリーは、
    ○見学可のワイン製造工場とワインセラー
    ○ワインの試飲と販売の店舗
    ○ローマンガラス美術館
    ○垣根式ぶどう畑      を併設するワイナリーです。



工場やワインセラーの見学は普段も可能のようですが、今日は『ローマンガラス
美術館』を無料で見る事が出来ました。シリア•東地中海沿岸から出土した古代
ローマ時代のガラス器を中心に常時160点展示してあるそうです。


建物を出て、どんぐりが落ちている坂を上るとワインの試飲•販売をしている『
展望ハウス』があります。チーズやチーズケーキの試食も出来いろいろなスイーツ
も販売して...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

水晶彫刻展

2009.10.24 20:05  投稿者:ぶどうおばさん

「水晶彫刻新作展」が10/16(金)〜10/24(土)まで、かいてらす
で開かれていました。
今日は最終日でした。

県水晶美術彫刻協同組合が入賞作品を展示した催しです。


紅水晶でできた如来像や千手観音像、無色透明な水晶でできたペガサスや聖観音
像、他にも黒茶色の石でできたふくろうや大黒天の彫刻などがありました。
大きいものは40〜30㎝程の高さで、このサイズの水晶彫刻が並んでいるさまは
圧巻です。また、精緻な細工や彫りも1つ1つの像に気品を添え、”置き物”と
言うより”芸術作品”と呼ぶにふさわしいように思いました。


この彫刻展では上記の様々な像の他、香炉•装身具•香水のテスターなどの生活小物
も展示されていました。


山梨県の特徴的な産業である宝飾産業。水晶工芸はその主要なものの一つかと思い
ますが、   水晶=ネックレス◦イヤリング◦ブレスレット◦指輪◦タイピン
          などの装身具
という今までの認識が少し変化しました。
水晶の彫像の持つ硬質な美しさに魅了されました。

       (1枚目の写真 かいて...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

水彩画展

2009.10.22 20:54  投稿者:ぶどうおばさん

県立美術館に面した美術館通りには大小の画廊やギャラリーが点在しています。


画廊の1つで県内の女流画家の水彩画展を見ました。


作品は和紙に水彩で描かれたもので、動物や花や建物などが柔らかな色調で語り
かけてきます。



   佐野美代子水彩画展ーーー小さなものに想いをこめてーーー
       10/17〜10/25  11時から6時まで
                 三彩洞 にて


   (1枚目の写真  「ねむり姫」)
   (2枚目の写真  画廊内部)        2009年10月20日撮影


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

県民文化祭

2009.10.22 20:20  投稿者:ぶどうおばさん

秋になって文化関連の行事があちこちで開かれています。


第9回やまなし県民文化祭の出品作品が県立美術館県民ギャラリーで現在展示
されています。
   10/15(木)〜10/20(火) 美術展
   10/22(木)〜10/27(火) 書道展
   10/28(水)〜11/3(火)  写真展    と続きます。


今日からは書道部門が展示されています。


天井に届く縦長の額や掛軸が林立し、会場は種々の字で埋め尽くされている感じ
です。肉太の字やかすれた字、淡くにじんだ字等を拝見すると、書というものも
個性のぶつかり合いだという印象を受けます。
作品数の多さから書道人口の広がりが伝わってきます。


ひと昔前は、そろばん•習字は子供達の定番のお稽古事だったのですが近年減る
傾向にありました。最近は、そろばん塾でフラッシュ暗算(パソコンの画面に
次々に現れる2桁や3桁の数を足したりする珠算式暗算)が注目を浴びたり、
書道家の武田双雲氏の「言霊を筆や墨で表現する」自由で力強い文字やパフォー
マンス書道が多くの支持や人気を博...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

▲Page Top