TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > august 2009

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 20098 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

宝石専門校学園祭

2009.08.29 20:16  投稿者:ぶどうおばさん

8月29日•30日の2日間、山梨県立宝石美術専門学校の学園祭
『第29回宝美祭』が開かれています。


今日は初日。
愛宕トンネルの東側の山の斜面に位置する山梨県立宝石美術専門学校には、朝から
人々が訪れています。
この学校は2年制の専門学校で山梨の次代の宝飾産業を担う若者達が学んでいる場所
です。 学園祭の内容は、
       作品展示
       個人の作品ブース
       国内外産出の宝石原石の展示
       宝石研磨体験
       模擬店         などです。


学生の手による指輪,ペンダントヘッド,ブローチ等の作品やそのデザイン画、ラウンド
カットの手順と作品、彫金の技法”毛彫り”の仕方と作品など、普段あまり目にすること
のないものが説明図◦作品共に展示されていて、興味深く見て回りました。


また、宝石の原石や研磨したもののコレクションの数は「宝石博物館」と名がついて
いる場所に匹敵する程の種類の豊富さと量で驚きました。
本物◦実物に接して目や知識を肥やすことに重きを置いておられる方針なのだろうと
...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

昇仙峡馬車•考

2009.08.24 20:52  投稿者:ぶどうおばさん

昇仙峡入口から仙娥滝に行く途中まで、渓谷に沿う道を往来する「昇仙峡遊覧馬車(
昇仙峡トテ馬車)」があります。


天神森ーー仙娥滝間の約4kmの遊歩道のうち天神森〜能泉の片道約40分の行程を進む
幌付きの観光馬車です。能泉から先の約1kmは歩いて仙娥滝に行くことになります。
この馬車の運行は、4月〜12月中旬
         片道1000円
         1台15名乗りですが、6人以上で出発するので定時発車ではあり
         ません



「昇仙峡」というと「トテ馬車に揺られて渓谷見学」を連想する人も多いようで、馬車
に乗らずとも遊歩道の途中ですれ違ったトテ馬車のどこか郷愁を感じさせる風情は記憶
に残るようです。


馬は生き物なので、冬の雪の時期も夏場の猛暑の際も1年中世話をしている方は大変な
苦労をされていると思います。頑丈な体躯、太い足、手入れされた毛並み、この馬は昇
仙峡のシンボルとして親しまれているようです。
一方で、舗装道路の上り坂をパッカパッカと15人乗りの台車を引いて一頭の馬が懸命に
進む姿には、眉を...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

観光の情報発信

2009.08.21 12:49  投稿者:ぶどうおばさん

県民情報プラザが7月末に閉館され「甲斐の国 風林火山博」や「風林火山なるほど時
代館」のような、”これが山梨、甲斐の国です”を見せるイベントが開催される場所は
甲府駅周辺には無くなりました。県内各地に点在している観光施設が個々にイベントを
開催する、という状況になっています。
県民情報プラザ1階にあった「社団法人 やまなし観光推進機構」は県庁西別館に移転
しました。インターネット上の「富士の国やまなし観光ネット」を管理運営しておられ
るのは、やまなし観光推進機構なので、山梨の観光に関する情報発信の拠点は現在ここ
に在ると言えるようです。

ネット上で情報を発信したり、パンフレットをフロアーに並べたりするためのスペース
は、それ程広くなくても稼働可能だろうと思います。
一方で、イベント的な展示などを開催する場所は、ある程度の規模が必要になります。




甲府駅の北口は、現在整備事業の真っ最中です。
そこには、北口駅前広場•NHK甲府放送局•甲府地方合同庁舎•藤村記念館•県立図書館•
情報発信拠点等が建設されると当初発表され...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

”魔法の凍結技術”のニュース

2009.08.13 14:03  投稿者:ぶどうおばさん

ブログを拝見していると「桃の保存」の記事(1年前に私が書かせて頂いた)を読んで
くださる方が多いようなので、ここでこの1年間の科学技術の進歩と成果についての
情報を、つけ加えさせて頂きたいと思います。


今年くらいから『CAS』技術という超急速凍結技術が新聞やテレビでクローズアップ
されているのをよく見かけます。(2006年にはすでにTV放映されていたそうですが)



『CAS』(Cells Alive System)はセル•アライブ•システムのことで、
    細胞(Cell)が生きている(Alive)システム(System)  だそうです。
細胞膜を破壊する事なく瞬間凍結するため、解凍した時には限りなく生に近い新鮮さが
戻る技術とのことです。
従来の冷凍技術は、食品の外側から序々に冷凍するので細胞膜が壊れ、うま味や水分が
抜け出したり、タンパク質が変質するなどの”冷凍焼け”が起きたりして食味も風味も
落ちていました。



この『CAS』技術は、
  水分子を拡散させながら全体の温度を均一に下げ、過冷...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

県民情報プラザ閉館 その後

2009.08.12 14:31  投稿者:ぶどうおばさん

県民情報プラザは、今年(平成21年)7月31日をもち閉館されています。


今年4月に県内の3つの観光関連組織が統合して発足した「やまなし観光推進機構」の
事務所は、この県民情報プラザの1階にありましたが、8月1日に移転されています。


「やまなし観光推進機構」は「富士の国やまなし観光ネット」のHPの『こだわり山梨』
というサイトで”やまなし旅センター”として県内のお薦めツアーを企画販売していま
すが、こちらはネット上なので変わりはないようです。


事務所の移転先は100mほど北にあるビル(県庁西別館)の1階です。
これまで振興事業部と販売促進部が別々の場所にあったものが一カ所にまとまり、
  「機構が能力全開の態勢となりました」
            やまなし観光推進機構オフィシャルブログ より
とのことです。


今後とも山梨の観光事業の発展に中心的役割を果たされて行く事を期待しています。

    (1枚目の写真 閉館している情報プラザビル
              平成21年8月9日撮影)
    (2枚目の写真 閉...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

平和を考える

2009.08.05 15:30  投稿者:ぶどうおばさん

毎年8月になると、8月6日の広島•9日の長崎への原子爆弾投下の悲劇を思い起こし
平和への願いを新たにします。
戦争の悲惨さの極とも言える核爆弾の使用は世界の戦争史上初めて日本で試され甚大な
被害をもたらしました。
戦後64年が経ち、従軍◦空襲◦被ばく等の体験者も高齢になり、弱った体に鞭打ちなが
ら体験を口伝しておられる姿には心痛みます。
”戦争の記憶を風化させないように”という言葉は時折耳にしますが、第二次世界大戦
終結以降戦争が全く止んだわけではない戦後の歴史を考えると、”風化している”と思
える程安全な状況の中にはいないような気がします。


広島•長崎への原爆投下の悲劇は、被ばく者や被爆地にとって苦しい道のりの始まりを
意味したと同時に、世界各国に「これ程の威力の爆弾が存在するのならそれを手にいれ
たい」と思わせた点にあります。

第二次世界大戦後の米ソ冷戦時代には、核開発競争は加速度的にエスカレートし核実験
の回数や規模は悪魔的に増大しました。
   アメリカ  1945年〜2006年   
         ニュ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

▲Page Top