TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > july 2009

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 20097 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

「着地型旅行」周知の課題

2009.07.13 21:26  投稿者:ぶどうおばさん

やまなし観光推進機構が発足し6月からインターネット上でツアーを販売し始めてから
1ヶ月が経過した頃、
  着地型旅行に対するニーズが高くなっているとは言えサイト(「こだわり山梨」)
  を閲覧する回数が「富士の国やまなし観光ネット」の1割程度と少なく、販売され
  たツアーは21件、実施されたツアーは12件であり、このサイトや着地型旅行と
  いう言葉を浸透させる事が大きな課題となっている、
という旨の記事が7月5日の新聞(山梨日日新聞)に掲載されていました。


また、その後の記事で
  やまなし観光推進機構は都内などのランドオペレーター(外国の旅行会社から観光
  客のための宿泊先や訪問先の手配を任される人々)を招き1泊2日の名所巡りツア
  ーを行い    7月9日 北杜市のフラワーセンター•ハイジの村
               清里でトレッキング
           10日 笛吹き市で桃狩り          
  等をPRし石和での商談会では県内のホテル◦旅館◦観光施設が自社を売り込んだ、
という内容を...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

雲間にやっと富士の姿

2009.07.12 21:13  投稿者:ぶどうおばさん

ここひと月ほどで3回富士山付近に行っているのですが、富士山の姿を見られずに
いました。今日は、わずかに一部分を見る事が出来ました。
梅雨の時期のため、雲の隙間から時々かいま見える頂上。



富士山は他の山とは異なり、私達が「富士山」(ふじさん)と呼ぶ時の「さん」は
「佐藤さん、鈴木さん」と言う時の「さん」にむしろ近くて、山を表す「さん」だけ
を発音しているわけではなさそうだ、という意味の文を最近読みました。
確かに富士山に関しては、霊峰だし神々しいと思う一方で親しみをこめて見ている面
もあるように思います。
殊に農業をしている方々は、富士山の雪がここまで消えたから種まきをしようとか、
田植えの時期になって来たとか、天気予報よりも信頼している農作業のバロメーター
だと聞きます。



私の場合、富士山近辺に行くと気になってつい富士山を目で探してしまいます。
見えればホッとするし見えなければ物足りない、富士山は不思議な魅力を持つ山です。



     (1枚目の写真 河口湖畔からの富士山)
     (2枚目の写真 河口湖大橋と遊覧...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

太宰治とカチカチ山

2009.07.02 21:49  投稿者:ぶどうおばさん

太宰治生誕百年の今年「人間失格」を始めとする彼の著書が今また若い人々に読まれ
ブームになっているそうです。
桜桃忌(おうとうき)には太宰ゆかりの地で様々な行事が催され、長年の熱心な読者
も多く参加したとニュースで伝えていました。


太宰治は1938年に山梨県御坂峠にある天下茶屋に滞在していたそうで、のち甲府市
御崎町(現 朝日)に住んでいた事もあるとのことで、山梨県とはゆかりの深い作家で
す。


天下茶屋滞在時に書いた「富嶽百景」の中の一節
        『富士には月見草がよく似合う』
はあまりにも有名で、その文が刻まれた碑が旧御坂トンネル南入口の天下茶屋付近の
高台に建立されています。



また、太宰治は日本の民話を現代風にアレンジした「カチカチ山」を書きましたが、
その舞台は河口湖畔の天上山だそうです。
民話のカチカチ山は、優しい老婆を殺したタヌキをウサギが成敗する話ですが、太宰治
の「カチカチ山」はウサギとタヌキを人間に見立てて男女の宿命を描いているそうです。


河口湖畔の天上山にあるカチカチ山ロープウェイは太宰治の「...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

茅葺き屋根

2009.07.02 13:24  投稿者:ぶどうおばさん

茅葺き屋根は、ススキやチガヤなどを用いて造られた屋根のことで、日本では昭和中頃
までは茅葺き屋根の集落も発展していたそうですが、ススキ•チガヤの入手が困難になっ
た事◦建造に人手がかかる事◦火災に弱い事などから、瓦の普及と共に姿を消して行った
ようです。
代表的な建物としては白川郷や五箇山の合掌造りが有名なようです。




西湖いやしの里根場にも、復原された茅葺き屋根の集落があります。
茅葺き屋根は通気性•断熱性に優れているそうで、6月末にいやしの里根場を訪れた際は
気温が29℃にもかかわらず家の中は涼しく、快い微風が通り抜けていました。



急勾配の屋根は、雨漏りを防いだり、屋根に雪が積もりにくくするためだそうですが、
そういう機能面だけでなく見た目の美しさも併せ持つように思います。
茅葺き屋根は、遠くから見た時の急な勾配やわずかなふくらみの柔らかさも魅力です
が、軒下で見上げたときのカヤの厚みやまっすぐに切りそろえられた線も職人技の見事
さを感じさせます。
こういう縁側に座っていると、時間もゆっくり進むような気がしてき...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

▲Page Top