TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > april 2009

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 20094 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

昇仙峡•続々篇

2009.04.23 22:35  投稿者:ぶどうおばさん

昇仙峡のロープウェイで上に昇ると、こういう景観が広がります。

  (1枚目の写真 荒川ダムと、ダム湖である能泉湖)
  (2枚目の写真 パノラマ台からは白砂山が近く眼下に見えます)
  (3枚目の写真 西には南アルプス連邦の山々が)

                   平成21年4月22日撮影


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(3) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

昇仙峡•続篇

2009.04.23 22:16  投稿者:ぶどうおばさん

昇仙峡に何が有るかという事を、もう少し紹介したいと思います。

  (1枚目の写真 世界一の水晶
          仙が滝に下りる通路の入口にまつられています)
  (2枚目の写真 八雲神社
          ロープウェイで昇ったパノラマ台にあります)
  (3枚目の写真 影絵の森美術館
          藤城清治氏の影絵作品の常設と、時に特別展が開催されます)

                    平成21年4月22日撮影


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

昇仙峡 新緑!

2009.04.22 21:55  投稿者:ぶどうおばさん

秩父多摩甲斐国立公園の特別名勝に指定されている御岳昇仙峡。

豊富な水量でごう音を轟かせて流れ落ちる仙が滝。
僧覚円がその山頂で座禅を組んだという覚円峰。
そして、昇仙峡入口から滝上までの約4kmは、巨石•奇岩が点在する美しい渓谷。
御岳昇仙峡は環境省が平成20年に選定した「平成の名水百選」の1つでもあります。

毎年、昇仙峡には多くの人が訪れますが、特に新緑の季節◦紅葉の季節は山梨県でも
人気の観光地になっているようです。


ロープウェイでパノラマ台まで5分で行くと、南に富士山•西に南アルプス連峰や
甲斐駒ケ岳が一望出来、北には金峰山という360度の景観が広がります。
今日は昨日の雨が上がり、見渡す限り青空で、遠くの山々がくっきり見えました。

ロープウェイ乗り場から滝上までの通りには、水晶はじめ貴石のアクセサリーや
玉や置き物などを売る店や、そばや川魚など御岳特産の食材を使った料理を出す店
が続いています。
影絵の森美術館もバス停の隣りに有ります。


毎年ゴールデンウィークには昇仙峡は訪れる人々でかなり混雑するそうで、ロ...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

金桜神社

2009.04.22 21:26  投稿者:ぶどうおばさん

甲府市御岳町にある金桜神社(かなざくらじんじゃ)は、金峰山信仰の中心神社だそう
です。

鎌倉時代の建築であった本殿や左甚五郎の作と伝えられていた昇•降龍は、残念ながら
昭和30年の火災で焼失し、現在の朱塗りの社殿は昭和34年に再建したものだそうです。
昇り龍•降り龍は、昭和58年に奉納されたとのことです。
今日(22日)は、春の例大祭が行われていました。


空海が自筆の経文を奉納したり日蓮が経文を奉納したという言い伝えもあり、武田氏の
祈願所としても崇拝されて来た神社だそうです。
黄金色の花をつける御神木の「鬱金の桜」は金運をもたらす桜として知られています。

   (上の写真 金桜神社本殿
         左奥に薄黄色の花を付けて木の上部が拝観出来るのが鬱金の桜)
   (下の写真 昇り龍。 右手には対の降り龍が位置します)

                      2009年4月22日撮影


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

うこんの桜

2009.04.22 16:48  投稿者:ぶどうおばさん

甲府市の北部に位置する御岳昇仙峡よりもさらに北の山深い場所にある金桜神社。
そこにある「鬱金の桜」(うこんのさくら)が見頃を迎えています。
今日は五分咲きくらいでしょうか。
平地の桜がすっかり散った頃の4月下旬〜5月上旬の開花です。


金桜神社(かなざくらじんじゃ)の御神木「鬱金の桜」は、黄金色の花を咲かせる珍し
い桜です。この色から、「金のなる木」と言われ、金運をもたらすと言われています。
毎年開花の時期には、この黄金色の桜を一目見ようと多くの人が訪れるそうです。

花の色は黄緑がかった薄い黄色のように見えますが、一輪一輪は八重で大輪です。
満開の時はどれほどボリュームを持ち豊かな雰囲気を漂わせるのだろうかと想像します。


    (1枚目の写真 鬱金の桜と本殿)
    (2枚目の写真 鬱金の桜の全体)
    (3枚目の写真 鬱金の桜) 
               2009年4月22日撮影


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

2009.04.16 20:32  投稿者:ぶどうおばさん

信玄公祭りでの甲州軍団出陣の立て役者のひとり(ひとつ?)は、二十四将を乗せたり
騎馬隊を編成したりした馬ではないかと思います。


おそらく県内の乗馬クラブや牧場等から選ばれ参加したものと思われますが、よく訓練
されていて、出陣式終盤の花火の音にもあわてず騒がず、乗り手や世話をする人間との
信頼関係のたまものでしょうか見事に落ち着いて行動しているように見えました。


堂々とした美しいその姿が印象的だったので、写真を載せさせて頂きます。

    写真は全て4/11の信玄公祭りにて甲府駅南口前で撮影
         (1•2枚目の写真 騎馬隊の方々と馬)
         (3枚目の写真  二十四将のひとりと馬)


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

甲斐善光寺 御開帳中

2009.04.15 15:24  投稿者:ぶどうおばさん

甲斐善光寺で7年に一度の御開帳が行われています。
こちらの御本尊は、秘仏である信濃善光寺の前立仏として造立されたもので、平成9年
に80年ぶりの御開帳をされたところ、全国から多くの拝観者が来訪したため信濃善光
寺と同様、その後は7年に一度の御開帳をすることとなったそうです。


今回の御開帳は、平成21年4月5日〜5月31日の期間です。
この間の行事は  4月4日(土)回向柱立柱式
         4月5日(日)開闢大法要
         5月3日(日)中日大法要
         5月31日(日)結願大法要    が催されるとのことです。


山門を入り香炉堂を過ぎると、御本尊と紐でつながっている回向柱が立っています。
金堂に入ると、歴史の重みを感じさせるいぶし金色の仏具のある空間の中央に御本尊
を拝観する事が出来ます。阿弥陀三尊像です。黒光りのする存在感のある仏様です。
この御本尊を拝観出来るのは、今期の次は平成27年になります。


折りしも昼のお勤めの時刻で、朗々たる読経を座してお聞きすることが出来ました。
参拝客...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

信玄公祭り•続篇

2009.04.12 19:44  投稿者:ぶどうおばさん

毎年、武田信玄公の命日である4月12日に合わせて行われる信玄公祭り。
戦国時代の名将武田信玄公を偲び甲州軍団出陣他様々なイベントが繰り広げられます。


武田信玄は甲斐国をまとめ、信州•駿河にも領地を広げ、信玄堤を始めとする治水事業
等、領民のための治政をし人々の厚い支持を得た戦国武将です。
その信玄公を偲ぶ祭り、今年は今までと少し異なる点が見られます。
  ▶ポスターにジョルジュ•ルオーの武者絵が用いられ英語版が作られた
  ▶出陣式の場を舞鶴城公園から甲府駅南口前に移し、観光客にも場所が分かり易く
   なった
  ▶本陣(信玄公本陣)は総勢55人で、そのうち36人は公募した県内外の一般
   参加者が務めた
   新企画として提灯行列が行われ提灯を購入した人誰でも参加出来、平和通り→
   中央公園まで行列した

など、見に来てくれる人に分かり易くする、参加型にして体験して楽しんでもらえるよ
うにする、という姿勢が伺えます。
より多くの県外からの観光客も視野に入れて”観光の目玉イベント”として積極的に
売っていこうと...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

”桃の花バス”で花見歩き

2009.04.12 16:40  投稿者:ぶどうおばさん

春の笛吹桃源郷を廻る”桃の花バス”に乗ってみました。
桃の花が満開見頃の4月4日(土)•5日(日)•11日(土)12日(日)の4日間だけ
の運行です。 今日はその最終日。


石和温泉駅や山梨市駅を通り桃の花の見所スポットを循環します。
コースは3種類
  Aコース.....山梨市駅→フルーツ公園→かすがい祭り会場→春日居町駅→山梨市駅
       所要時間約1時間
  Bコース.....石和温泉駅→県立博物館→金川の森→甲斐国分寺お花見会場→釈迦堂
       遺跡入口→石和温泉駅
       約1時間30分
  Cコース....石和温泉駅→県立博物館→やつしろ祭り会場→みさか祭り会場→甲斐
       国分寺お花見会場→金川の森→石和温泉駅
       約2時間30分

人が多く混雑している場合は乗れないこともある、という但し書きに敬遠する人もいる
のか、4•5日も乗り切れなかった状態は無かったとの事で、今日もほぼ全員座れる状況
でした。

桃の花は残念ながら先週がピークだったようで、今日は花びらが散り葉が出てい...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

信玄公祭り 勇壮華麗!

2009.04.11 22:09  投稿者:ぶどうおばさん

昨日から明日(4月10日〜12日)まで信玄公まつりが開催されています。
今日は信玄公祭りのハイライトとも言える甲州軍団の出陣が行われました。

今年は信玄公役にロサンゼルス五輪柔道の金メダリストの山下泰裕氏が務められ、
”強い武将”のイメージがこの上なくピッタリな信玄公でした。


今年から甲府駅南口前に舞台を移した出陣式典は、沿道のすずなりの観客の見守る中、
厳粛に力強く行われました。
途中、サッカーの中田英寿氏が山下信玄公にエールを贈りに参加され、思いがけない
サプライズに観客がどよめく場面もありました。


いよいよ出陣!
二十四将の各隊は戦国時代の武士そのままの猛々しさりりしさで進軍します。
甲府市役所→岡島百貨店→舞鶴城公園まで約2kmの道のりです。
一番最後に信玄公が来るのを人々は今か今かと待っています。
勇姿を見られた人は、手を振ったりカメラを構えたり、中には追いかける人も。
公園内の特設ステージで帰陣式が行われ終了、となります。

山梨県の春の一大行事である信玄公祭り。
明日も、舞鶴城公園内やかすがもーる中心商店...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

桜•花見日和

2009.04.05 20:26  投稿者:ぶどうおばさん

今日は県内や関東では、桜の見頃だったのではないでしょうか。
晴天ではないにしろ、穏やかで暖かい一日。


私が今日訪れた先も桜が満開で、見頃真っただ中といった感じでした。
桜はソメイヨシノと思われます。
薄いピンク色が枝をおおい尽くしています。


      (写真は全て 横須賀にて)


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

▲Page Top