TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > january 2009

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 20091 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

さくらの花の色

2009.01.29 21:21  投稿者:ぶどうおばさん

桜、というと、《そめいよしの》が真っ先に思い浮かびます。
全国の公園や街路•学校•堤防などで見られる桜は、この、そめいよしのが多いとのこと
です。淡いピンクの色合いの花は、曇り空を背景にした時は白っぽくも見えます。
春、黒みがかった枝をおおい隠すように花が徐々に開花し、満開になってゆく様や、
風に吹かれて花びらが舞い散る様が、日本人にこよなく愛されて来ました。


上野公園には千2百本のそめいよしの、隅田川の両岸には、そめいよしのを始めとする
千本の桜があるようです。


山梨県では、大法師公園(鰍沢町)の2千本
      山の神桜並木(豊富村)の千本
      寺所桜の里(八代郡六郷町)の千本
      八戸城跡(北杜市大泉町)の千本  
が、そめいよしのがまとまって植えられている所のようです。



「ひがん」という名称が入っている桜は、白色〜淡紅色まで様々な色合いの花がある
ようです。 山高神代桜(北杜市)......日本三大桜のひとつのこの古木は、えどひがん
                  ざくら(江戸彼岸桜)
...


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

エコツアー研修会(2)

2009.01.28 21:57  投稿者:ぶどうおばさん

「エコツアーガイドスキルアップ研修会」に参加しました。

今日は第2回目。場所は、東京エレクトロン韮崎文化ホール。

今回の講演は2つありました。
  ■ガイドの法的立場と責任
        弁護士の三浦氏
  ■魅力あるエコツアーの実施に向けた自然ガイドのためのテクニック
        旅行会社から寺崎氏


最初に講演された三浦弁護士のお話は、ともすると難解な法的な内容を、解り易く
説明してくださり、納得しながら楽しくお聞きしました。
印象に残ったことを以下に述べると、

 ガイドの法的責任は、民事責任と刑事責任がある。

 「ボランティアでお金を取っていないから、責任はとらない。」とは言えない。
 むしろ、お金をとって責任を果たすようにすることが良い。

 事故やクレームが来ないようにするためには
     •無理の無いコースを企画
     •事前説明はきちんと
     •天候により危険の度合いが増すので、安全を第一に判断
     •募集パンフレットにツアーの内容を明確に書いておく
      (ガイドはどんな事をするか...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

花の山梨

2009.01.25 13:25  投稿者:ぶどうおばさん

JR東日本八王子支社は、4月〜6月の3ヶ月間、春の山梨観光キャンペーンを実施
するそうです。キャンペーンテーマ
   「花と名水、美し色の山梨へ」
        〜もっと、ずっと好きになる山梨〜
を掲げ、◆春の山梨の桜•桃•芝桜
    ◆名水百選に選ばれた忍野八海•尾白川•御岳昇仙峡•西沢渓谷     等、
山梨の花と名水を廻る旅行商品を八十種類ほど発売するということです。

「昨年同期間に実施した山梨デスティネーションキャンペーン(山梨DC)を受け、今回
は山梨DCで醸成した二次交通やおもてなしをさらに拡充させ、お客さまをお迎えし」
「山梨県内の観光を楽しんでいただく」「魅力あふれる旅を提案します」
              (JR東日本八王子支社のHPから)  とのことです。


イベント列車や臨時列車の運行、駅から観光地まで(二次交通)の路線バスを増発して
対応する計画とのこと。

満開の桃•桜•富士桜を観るためのイベント列車は、主なもので
   快速「レトロ桃源郷号」  4月の4日間、1日2往復、旧型客車
  ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

エコツアー研修会

2009.01.16 20:52  投稿者:ぶどうおばさん

今日は、「エコツアーガイドスキルアップ研修会」が行われました。

県の観光部主催で、場所は山梨市民会館。

『エコツアーガイドをしている人や目指している人、エコツアーを計画している
事業所や団体、行政機関の担当者』が対象ということで、私も関心が有ったので
参加させて頂きました。



この研修会は、総合研修会とエリア別研修会の二段階構成で、総合研修会は、今日
と1/28の2回です。
今日は3つの講演がありました。
  ■地域の隠れた資源を生かした魅力あるエコツアープログラムづくり
      風カルチャークラブ  水野氏
  ■エコツアーにおけるホスピタリティと安全管理
      富士山登山学校ごうりき  近藤氏
  ■地域資源掘り起こし•再発見ツアーの勘どころ
      NPO法人  山本氏  

                


印象に残ったのは、”魅力あるエコツアープログラムづくり”について話された
水野氏の講演です。
   エコツアーを作る時に心がけていることは、
      ◉必ず講師をつけ(誰を選ぶかが大切)、テーマに...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

茅葺き屋根の家

2009.01.14 13:19  投稿者:ぶどうおばさん

西湖いやしの里根場(ねんば)には、茅葺き屋根の家々が建ち並んでいます。


先日のモニターツアーで、西湖いやしの里根場の説明をしてくださった方のお話に
よると、

  茅葺き屋根とは、
   カヤ(ススキやチガヤなどの植物)を材料にして葺いた屋根のことで根場では
   富士北麓で採れるカヤを使用している。
   雨漏り防止のため急勾配。
   通気性•断熱性に優れる。
   建物内部で囲炉裏を使うことにより、煙で燻されカヤの防虫◦防カビになり(
   煙がコールタールを塗布したような効果をもたらし)耐久性を増す。
   火災に弱いので、現在は火を使うことが禁じられている。
   
   1棟の屋根には、カヤを直径32㎝に束ねたものを2300束使い、金額にして
   屋根部分だけで1200万〜1500万円の費用がかかる。
 
  茅葺き屋根の家は
   建物1棟造るのに、およそ四千〜五千万円かかる。
   屋根が端午の節句の兜に似ているので、”カブト造り”と呼ばれ、中2階では
   かっては養蚕がされていた。       
    ...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

モニターツアー•続篇

2009.01.11 21:43  投稿者:ぶどうおばさん

西湖いやしの里根場の茅葺き家屋の内部を紹介します。

 1枚目の写真 武士の鎧兜。火の見の館にて。
         (企画展は撮影不可ですが、この一画は撮影が可)

 2枚目の写真 大石紬と布の館

 3枚目の写真 紙の館 逆手山房
        
              2009年1月11日撮影
        


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

モニターツアー

2009.01.11 20:16  投稿者:ぶどうおばさん

今日はインバウンド観光講座のモニターツアーが行われました。

参加者は日本人より外国人のほうが多い、という状況で、外国のかたの出身は
台湾•中国•アルゼンチン•コロンビアでした。皆さん日本語は上手で、話す事は
もちろん、読む事もほぼ大丈夫。

モニターツアーの日程は、
     富士ビジターセンター
       ↓
     山梨宝石博物館
       ↓
     佛光山(臨済宗の寺)
       ↓
     西湖いやしの里根場           です。

参加した外国のかたに一番評判が良かったのは、西湖いやしの里根場でした。
       ”日本らしい美しさが良かった”
       ”昔の家の造りがよかった。”
       ”富士山も見えて景色が綺麗”
       ”着物や武士の武具を身につけて写真を撮れて良かった”
などの意見が有ると共に、
       ”それぞれの棟に説明をする人がいて欲しい”
       ”店の人が積極的に客に話しかけてこないので、親しみを感じにくい”
       ”根場で何故紙すきな...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

宝石の原石

2009.01.07 12:35  投稿者:ぶどうおばさん

宝石とは、
   『産出量が少なく硬質で耐久性に優れ、色が美しく装飾品として貴ばれる
    天然の鉱物』         を指すようである。

宝石の価値のものさしは、4C
     Cut      (カット)
     Carat   (カラット)
     Color   (カラー)
     Clarity  (クラリティ)      だそうだ。


5大宝石として挙げられるものは、
         ダイヤモンド
         ルビー
         サファイア
         エメラルド   までは世界共通のようで、5番目には、
日本では真珠(パール)、アメリカではアレキサンドライト、オーストラリアでは
オパールが来るそうだ。真珠は貝の体内で作り出される有機物のため鉱物ではない
が、日本で5大宝石というと真珠も含まれるようである。


宝石の原石は、研磨された製品の輝きからは想像もつかないような、目立たない色
...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

雛飾り

2009.01.05 15:24  投稿者:ぶどうおばさん

正月が過ぎると、春の行事、女の子の雛祭りが近づいて来る。

伊豆稲取では、「雛のつるし飾りまつり」が1/20〜3/31まで行われる。
『つるし雛』は、稲取が発祥の地だそうで(稲取のHPによると)、歴史は100年以上
になるとのことだ。


おひな様というと、現在では段飾りを購入することも難しくないが、江戸時代には裕福
な少数の家庭しか購入出来なかった。そこで、おひな様の代わりに、手作りのもので、
女児の初節句を祝おうという親心から、稲取独自の和裁細工が生まれ、伝わったのが、
『つるし飾り』だということだ。

布の端切れで作ったぬいぐるみを、竹ひごの輪から赤い糸で吊るす。この、お飾りには
いわれが有り、意味や決まり事がある。例えば
   猿っ子......さる(去る)にかけて、厄や災が去るという意味を持つ
   巾着.........お金がたまるように
   花............花のように可愛らしく
   這い子人形.....這いはいの次は、立って歩き、という、子供の成長を願う
   うさぎ......赤い目のうさぎは、呪力...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

初詣

2009.01.04 21:36  投稿者:ぶどうおばさん

今年の初詣は、去年と同じで川崎大師に行った。   (上の写真は大本堂)

三が日を過ぎているので、人出は多くても人の流れはスムーズだった。

大本堂で、今年の無事を祈る。

川崎大師は、大山門•大本堂•不動堂•八角五重塔•聖徳太子堂などの建物が有り、関東
三本山の1つで『厄除けのお大師さま』と呼ばれ親しまれているお寺だ。
境内には屋台も多く並び、お守りやおみくじを売る場所、お護摩受付所も人であふれ、
にぎやかな正月風景を見せてくれる。
           (2枚目の写真は、大本堂から大山門方向を見た様子)


大師仲見世は、だるま•飴を売る店などが軒を連ね、活気づいている。




帰りに、横浜中華街に寄った。
中国の正月は、まだのようで、こちらの賑わいは、いつも通りということのよう
である。                     (3枚目の写真)


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

ミステリーツアー

2009.01.03 16:38  投稿者:ぶどうおばさん

旅行会社で企画しているツアーの中に、「ミステリーツアー」というのがある。
”どこに行くのか分からない、山なのか海なのか、おそらく海だろうが、でも、山
かも.......!?”
参加者は、行き先の分からないドキドキ感を楽しむ。


日帰りのミステリーツアーに参加したことがある。
山梨県から日帰りの範囲というと、静岡か長野か埼玉か東京か?といった地域だ。
その時は、静岡県だった。
   柿田川湧水→浄蓮の滝→ベゴニアガーデン→伊豆山中のワイナリー→駿河湾の
   クルーズ
だったが、目的地到着の3分くらい前まで、行き先が告げられない。
”何処に行くのかな?”というワクワク感は確かにある。もりだくさんの弾丸ツアーで
それなりに楽しかった。



今日の新聞のチラシを見ていたら、ミステリーツアーの海外版がある。
「海外ミステリーツアー」というもので
    アジア 3日間 1万5千円
    ビーチ 4日間 3万円
    アメリカ 5日間 8万円
    ヨーロッパ 6日間 9万円  などだ。
行き先の国がわからずして申し込む形態のツアー...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

2009年元旦

2009.01.01 19:50  投稿者:ぶどうおばさん

この新しい年が良き年であるようにと、心から願う。



根津記念館で、正月らしい催しに出会わせてもらった。

   大磯の黒松を背に、『赤富士太鼓』の方々の初打ち。(上の写真)

   書家志村雅芳氏の大書書き。 (2枚目の写真)
                 (文字は 響•聲•春と書かれた)

   餅つき  (3枚目の写真)
        (つきたての餅と温かい麦茶を御馳走になった)



今年もよろしくお願い致します。


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

▲Page Top