TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > august 2008

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 20088 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

身近な草花を愛(め)で

2008.08.31 14:30  投稿者:ぶどうおばさん

花や野菜は、苗を買って来て植えてみると、うまく根付かないものも多い。

上の写真は、自生のミニトマトだ。
去年そこに植えたミニトマトの実から種がこぼれ、芽が出て、いつのまにか1m
以上に成長した。今年そこに市販のトマト苗を初夏に植えたが、枯れてしまって
いた。
やはり、実生のものは、たくましい。放っておいているのに、着実に育っている。



下の写真は、ブルーローズ系のバラだ。
市販のバラをうまく根付かせることが少ない私だが、これはまれなケースで大きく
育った。大輪で、去年は多花だった。これは、その時の写真。

ことしは、花も少なかったし、木に勢いがない。
病◦害虫の消毒をサボっている私の手入れの悪さもあるが、何がよくないのか??
土の改善が必要なのかも!?
バラさーん、教えてくれ〜*


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

そばの香•しょうゆの香

2008.08.30 22:14  投稿者:ぶどうおばさん

インバウンドの現地実習「日本の伝統食の魅力を探る」に参加しました。
            ◇
            ◇
昇仙峡•すがはら屋 そば道場でのそば打ち体験。
 そば粉をボールにあけた途端、フワ〜ッと広がるそばの匂い。
 「いい香り!」などと、楽しむゆとりがあったのも初めのうち。
 予想した以上に、コネコネ、押し押しの手順が多く、最後に切る作業が終了
 した時は、「ひと仕事終えた〜!」という達成感(!?)さえ感じる程。

そして、自分たちの打ったそばを昼食で食べた時は、太い麺あり細い麺ありで、
不揃いもまた良し、と、美味しく感じました。
この、そば打ち体験は、確かに、観光の『ウリ』の1つになると思いました。
       (ひとつ言わせて頂けるなら、個人的には、そばがもう少し灰黒色が
        濃いと嬉しいです。素人目には、本場のそば=黒っぽいそば  と
        いう先入観が有って.......)

指導してくださった方が、仕事に誇りと情熱を持っておられる様子が印象的でした。
         ...


>>続きを読む


コメント(3) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

山梨県の絹産業

2008.08.29 16:32  投稿者:ぶどうおばさん

新聞を見ると、毎日のように、県内のいろいろな自治体や青年部が、地元の産業を生か
した新しい商品開発をし、販売に乗り出している、というニュースが載っています。

今日の山梨日日新聞には、西桂のある組合が、絹製品を企画製造し、都内での全国規模
の展示会に出品するため、デザインを練り新商品を開発している、という内容が紹介さ
れています。

そういえば、情報プラザにも、かいてらすにも、山梨の絹織物としてショールやネクタ
イや服が展示販売されています。


山梨は、もともと織物が盛んだったようです。
平安時代の書物にも織物の産地として載っているとのこと。

江戸時代になり、山梨の絹(きぬ)織物が、甲斐絹(かいき)として全国的に知られ
たようで、甲斐絹は
          光沢がある
          すべりがよく肌触りが良い
          軽い
          高密度
など、高品質な伝統織物として、評価を確立したようです。

場所は、郡内地域(大月•都留•西桂•富士吉田等)が中心とのことですが、県内全般で
養蚕は行われていたもよ...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

驚嘆、「風林火山」越え!

2008.08.26 13:59  投稿者:ぶどうおばさん

山梨県とJRが協力して今年(2008年)4月〜6月に行った大型観光キャンペーン
「山梨デスティネーションキャンペーン(DC)」の実績が、今月(8月)22日に
発表され、翌日の山梨日日新聞に掲載されていました。

昨年は、TVの大河ドラマ「風林火山」放映で、大幅に観光客が増加しました。
今年は、ドラマは終わってしまっていますが、しかし!、昨年同期よりさらに増加し
た、という内容でした。
4月〜6月の間に県内を訪れた観光客数は、1200万人とのことで、「風林火山」
放送時の観光客数を0、3%超えた、という驚くべき結果です。

経済波及効果は、昨年同期より5億円、一昨年同期より172億円増加したとのことです


山梨県観光振興課とJR八王子支社が行った「山梨デスティネーションキャンペーン」
は、確実に成功したわけです。

JRが運行した「SL山梨号」などのイベント列車には、昨年の6倍の乗客。
JRや旅行会社が販売した商品の利用者は、昨年の9割増、とのこと。


主なイベントでは   笛吹市の桃の花まつり   に   33万人
    ...


>>続きを読む


コメント(4) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

アニメキャラはボーダーレス

2008.08.17 17:12  投稿者:ぶどうおばさん

上の写真は、一見、日本のどこかの市を写した風景に見えます。

ここは、台北です。   (少し古くて一昨年の写真ですが)

日本のアニメは世界中の多くの国で放送されていると聞きますが、殊にアジア
(台湾、韓国、タイなど)では、主人公の熱心なファンもいるとの事。
まさに、アニメのキャラクターはボーダーレス(国境がない)です。

ドラえもん•ポケットモンスター•ドラゴンボール•クレヨンしんちゃん•ちびまる
こ等、知名度が高いとのことで、アジアのどこかの遊園地でドラえもんのそっく
りさん?の着ぐるみが行進しているシーンをTVのニュースで見た事もあります。


ドラえもんは、もちろん日本でも大人気です!!
何でも出せる ”四次元ポケット” や、どこにでも行ける ”どこでもドア”は、
大人でさえ、「自分が持ってたらいいな......。」と夢見てしまう魅力があります。


他のアニメも、もちろん日本で大人気。だから、海外にも進出して、ということ
のようです。
文化や歴史の背景が違うのに、受け入れられているという結果を見れば、それら
のアニメの...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

仏像の手

2008.08.16 13:25  投稿者:ぶどうおばさん

以前、ボランティアのツアーガイドの訓練を受けていた時、居合わせたアメリカ人
から、 「仏像のこの手の形は、何を意味しているの?」  と尋ねられました。
甲斐善光寺の宝物館でのことです。  
              (上の写真は甲斐善光寺様のHPからお借りしました)

この宝物館にある木造の阿弥陀三尊像(重要文化財)を前にして、
さて.........、 困りました   .............。              


日本人の私にとっては、仏像は見慣れているし、阿弥陀如来もよく目にするけれど、
手の形が表す意味までは、考えずに見逃していたからです。
       「う、........勉強不足★★★」

結局その場では、「すみません、知らないんです。」と答えましたが、何とも
恥ずかしく後味が悪い.....。

山梨県にも、善光寺や恵林寺など名寺があり、仏像や仏画が所蔵されています。
       「ここはひとつ、遅ればせながら、調べてみよう!」


甲斐善光寺の阿弥陀三尊像は、阿弥...


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

難!ローマ字表記

2008.08.12 12:18  投稿者:ぶどうおばさん

日本語をローマ字で書き表すのには、意外と落とし穴があります。

例えば下の日本語。
ローマ字表記は、どちらが妥当と思われますか?

                        【A】         【B】
どうぞ          Doozo.                     Douzo.
どういたしまして      Doo itashimashite.     &en...


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

思い込み

2008.08.11 12:03  投稿者:ぶどうおばさん

私だけかも知れないが、どうも物事を、奥行きを考えずに見る傾向が
あるらしい。

10代の頃は、花火が球体だとは考えなかった。 (上の写真)

言われてみれば、当然、四方八方に均等に飛び散るハズだから、球体
なのだろう。


夜空の星座も、平板上でしか考えていなかった。

例えば、オリオン座の四角を構成しているベテルギウス〔左上の星〕は、
地球から500光年の距離にあり、リゲル〔右下の星〕は700光年の
距離だから、オリオン座は1枚の平板の上には無いのだ。 という事を、
中学時代でさえ知らなかった。   (下の写真)

地球から等距離の天のドームに、すべての星が張り付いていると、思って
いたのだ。
本当に無知も甚だしい。

どうも、自分にとって理解しやすい方向に、物事を見る傾向があるらしい。
奥行きのあるモノを、自分に見えている側面だけで判断する傾向が......。


だがもし奥行きを見続けたら、昇仙峡影絵美術館の絵のように、
鏡の中に鏡の世界があり、そのまた鏡には鏡の世界が映り...........と迷路に
まっしぐらだ。

そこまでややこ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

県の無形文化財

2008.08.04 22:42  投稿者:ぶどうおばさん

笹子町に、笹子追分人形芝居という人形浄瑠璃があります。

山梨県指定の無形文化財だそうです。

語り、三味線に合わせて黒子が人形を操ると、人形はまるで生きているように
自在に動き出す! 

特に素晴らしいのは手の指の動き。
手をむすんだり、指を反り返らせたり。 情感豊かに動きます。

だから、いつのまにかストーリーに引き込まれてゆく。
観ている者にとって、黒子の存在は気にならないから不思議です!



人形浄瑠璃は江戸時代に広まったようですが、明治時代になり後継者不足や
時代の流れにより、廃絶の危機があったとか。
現在は西川一座が復興させ継承しておられるそうです。

この写真は今年3月に県立博物館で行われた公演の時のものです。
お姫様の人形は、この日の演目には有りませんでしたが、公開展示
されていました。
  
意外と大きい!!
確か、10kgとか、15kgの重さ、と聞いたような記憶が...。
体力的にも重労働だと拝見しました。
                 
山梨県内にも、こうした伝統芸能が脈々といきずいていて、人々
の心の糧になってい...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

▲Page Top